映画
アニメ

山﨑賢人の一言が切なすぎる!『二ノ国』主題歌MV解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ストーリー】
冷静沈着で車椅子のユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女コトナの3人は幼なじみ。ある日、突然襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へ引き込まれる。そこは命がつながった“もう一人の自分”がいる世界。次第にユウはコトナにそっくりなアーシャ姫に惹かれていく。しかし、そこには「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった――。コトナを救いたいハル。アーシャを守りたいユウ。“大切な人の命”をかけた究極の選択が迫る時、ユウとハルが下した決断とは–?

【以下プレスリリース文掲載】

製作総指揮/原案・脚本:日野晃博(「レイトン」シリーズ)×監督:百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画 )×音楽:久石譲(『千と千尋の神隠し』)という日本を代表するドリームメーカーが贈るアニメーション超大作『二ノ国』(8月23日公開)。高校ではトップクラスの秀才で、車イスで生活している主人公“ユウ”の声を演じる山崎賢人をはじめ、ユウの親友“ハル”役に新田真剣佑、2人の幼なじみでハルの彼女“コトナ”/二ノ国の王女アーシャの2役を永野芽郁が演じる。また宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、梶裕貴、山寺宏一といった声優ドリームチーム、さらにはムロツヨシ、伊武雅刀ら実力派俳優の参加も話題の本作。7月25日(木)に行われたジャパンプレミアも大盛り上がりとなり、作品の内容にも「ラストが圧倒!」「大切な命を守ろうとする姿に心打たれた」など絶賛の声が相次ぎ、この夏一番の話題作として期待が高まっている。この度、10代から絶大な人気を誇る須田景凪による本作の主題歌「MOIL」の映画版MVが解禁となった。

映画化に至るまで10年もの歳月をかけ構想された超大作『二ノ国』。現実の世界(一ノ国)から、命が繋がっているもう一人の自分が存在する“二ノ国”へと、偶然にも迷い込んでしまったユウとハル…。幼馴染みのコトナと、二ノ国のエスタバニア王国の姫君アーシャの命が繋がっていると知ってしまった時、ユウとハルは“命”を巡る〈究極の選択〉を迫られる。2人が最後に選んだものとは一体!?

解禁となった映像には、須田が本作をイメージして作り上げたメロディと歌声が、胸アツな本編映像と共に映し出される。現実の世界でのユウ、ハル、コトナの淡い青春、そしてファンタジックで壮大な“二ノ国”での冒険とロマンスが、須田の生み出す研ぎ澄まされたメロディラインと相まって、思わずリピート確実な中毒性の高い映像となっている。注目はラスト10秒の主人公ユウを演じた山崎の一言。ハルが「ユウ、ダメだ!ユウ―!!」と叫ぶと、ユウは「ハル、お別れだ。」と、あまりにも切なすぎる一言で応える。これまでずっと親友だったはずのユウとハルの間に一体何があったのか?果たしてユウの言葉は〈究極の選択〉への答えなのだろうか??その真意を量ることはできないが、このユウの一言が、本作の重要なカギを握ることは間違いない。

映画のもう一つの主役でもある主題歌について、今回初の映画主題歌を担当した須田は「最初に脚本を読ませて頂き、主人公ユウ達の純なひたむきさや、そこに渦巻く想いが色濃く印象に残りました。作品の中で描かれる世界に添えるように、と思い音楽を作りました。是非、映画と一緒に楽しんで頂ければ嬉しいです。」と語る。このMVを皮切りに、翌8月4日(日)0:00からはフル尺も解禁に!すでにSNS上では須田の主題歌に注目が集まっており、ファン待望の解禁となるだろう。

キャスト:山﨑賢人 新田真剣佑 永野芽郁 宮野真守 坂本真綾 梶 裕貴 津田健次郎 山寺宏一/伊武雅刀 ムロツヨシ
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石 譲
主題歌:須田景凪 「MOIL」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
原作:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
作:映画「二ノ国」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

8月23日(金)全国ロードショー

(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください