映画
アニメ

映画『二ノ国』:超豪華キャストたちの“究極の選択”に会場が大熱狂!!ジャパンプレミアレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

製作総指揮/原案・脚本:日野晃博(「レイトン」シリーズ)×監督:百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画 )×音楽:久石譲(『千と千尋の神隠し』)という日本を代表するドリームメーカーが贈るアニメーション超大作『二ノ国』(8月23日公開)。主人公”ユウ“の声を演じる山崎賢人をはじめ、新田真剣佑や永野芽郁、そして宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、梶裕貴、山寺宏一といった声優ドリームチームの参加も話題となり、この夏の一番の注目作として期待が高まっている。この度、本作のジャパンプレミアが、本日7月25日(木)に豊洲ピットにて行われた。

主演の山崎賢人をはじめ、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎らの超豪華なキャスト陣、さらに本作の監督を務めた百瀬義行と製作総指揮/原案・脚本を務めた日野晃博ら総勢7名のそうそうたる面々が一堂に集結。そんな彼らを一目見ようと、会場には約1000人のファンと溢れんばかりの報道陣が詰めかけ、作品に対する注目度の高さを物語った。

開演前から異様な熱気を放つ中、イベント開始のカウントダウンでジャパンプレミアがスタート。MCからの呼び込みにより、主人公ユウを演じた山崎と、ユウの親友で一緒に“二ノ国”へと迷い込んでしまうハルを演じた新田、そしてユウの幼馴染でハルの彼女でもあるコトナと“二ノ国”のエスタバニア王国の姫君アーシャの二役を演じた永野が登場すると、会場は悲鳴に近い大歓声が巻き起こった。続けて“二ノ国”のエスタバニア王国の魔法宰相ヨキを演じた宮野真守と悪役ガバラスを演じた津田健次郎が登場。更には急遽アーシャ姫の付き人妖精ダンパを演じた梶裕貴が登壇すると場内のボルテージは一気に最高潮となった。

壇上に上がった山崎は、「この日を迎えることができて本当に光栄です。百瀬さんの作画と久石さんの音楽の中で自分が存在していることに感動をしています。」とジャパンプレミアを迎えることができた感想を述べながら、「僕の演じたユウはここぞという、決め時の強さがあるんです。そこは共感できるし男としてカッコいいキャラクターだと思います。」と演じたユウの魅力を語る。新田は「賢人とは三度目の共演で、永野さんとも三度目。太一とも共演できるとは思わなかった!」と笑顔で山崎、永野、そして宮野との共演を語ると、TVアニメ「ちはやふる」で真島太一の吹替えを演じた宮野は「本当にカワイイ顔で笑うんだねー」と返し、会場を沸かせた。そして永野は「アニメーションの吹替えは初めてだったので、皆さんがどう受け止めてくれるのが心配でしたが、とても現場で楽しかったです。でも本当に大変でした(笑)」と初挑戦の感想を語った。更に「ハルは真っすぐな性格で、守るもののために頑張る姿がカッコいいキャラクターです。」(新田)、「自分がこうありたいと思う姿を切り替えられるのが共感できるんです。

私もこうして皆さんの前に立つ自分と、家の自分は違うし、そこは共感できると思いますよ!」とそれぞれ演じたキャラクターの共感ポイントを明らかにした。本作には今回登壇した宮野や津田の他にも梶裕貴や坂本真綾、そして山寺宏一も参加し、声優ドリームチームと称されているが、これに対し宮野と津田は「大先輩と一緒に立てるのが嬉しいし、こんな豪華なメンバーが一同に会するのは本当にレア!」と声を揃えた。更に無事ジャパンプレミアを迎えることができたことに関して日野は「10年前にゲームを作って、今遂に映画にすることができました。やっとこの日が来たなという感じです」と胸をなでおろし、監督の百瀬は「公開されていないのに、皆さんキャラクターを書いてくれていて凄く嬉しいです。それは命を吹き込んでくれたキャストの皆様の熱意のおかげだと思っています。」とキャスト陣に感謝の意を表した。

今回のイベントでは、本作のテーマにちなんだ【キャストの皆さんに聞きたい”究極の選択“!】という質問を事前に公式Twitterにて募集。キャスト/スタッフたちに向けて出題された。まずは一問目?1過去と未来、どちらの自分に会いたい?という質問が出題されると、スクリーンにA【過去の自分に合う】B【未来の自分を知る】の二択が表示される。思い悩むキャスト/スタッフ陣たち。当初圧倒的にAを選んだキャストたちだが、Bを選んだ山崎が「未来を知ることで今の自分に活かせるんだよ!」とコメントすると、その言葉に感化された新田、永野そして津田までが、Bへ寝返った。すると頑なにAから動かない梶が「未来を知ったら努力します?」と返すと、なんと今度は山崎と新田がAへ。そんな揺れ動く2人に堪り兼ねた宮野が「未来は変えられるかもしれないよ!」と叫ぶと、すかさず津田が「それだな!」と熱い合いの手をいれ、会場は大いに盛り上がった。

イベントのラスト、山崎は「本当に二ノ国に行ったらどうなるのか?是非想像しながら見て下さい!」 と、公開を待ちわびる日本中のファンに向けてメッセージを贈る。そして山崎の「夏休みはー!」の掛け声とともに、会場に集まったファンの「『二ノ国』―――!!」という大絶叫のレスポンスでド派手にキャノン砲が打ち上げられ、大盛り上がりの中イベントは幕を閉じた。

山﨑賢人 新田真剣佑 永野芽郁
宮野真守 坂本真綾 梶裕貴 津田健次郎
山寺宏一/伊武雅刀 ムロツヨシ

製作総指揮/原案・脚本:日野晃博

監督:百瀬義行
音楽:久石譲
主題歌:須田景凪「MOIL」(WARNER MUSIC JAPAN / unBORDE)
エグゼクティブプロデューサー;小岩井宏悦
プロデューサー:小板橋司
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:西谷泰史
助監督・演出:森田宏幸
演出:大和田淳 松永昌弘 室谷靖 高橋ナオヒト 中田誠 美術監督:志和史織
色彩設計:谷本千絵
撮影監督:鯨井亮
音響監督:久保宗一郎
編集:野川仁
原作:レベルファイブ アニメーション
制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019 映画「二ノ国」製作委員
公式サイト:ninokuni-movie.jp
公式Twitter:@Ninokuni_movie #映画二ノ国

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください