映画
アニメ
ゲーム

「攻殻機動隊 GHOST CHASER」ベネチア国際映画祭VR部門コンペティション正式招待決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

漫画、劇場映画、テレビアニメほか様々なメディアで展開され、世界的人気を誇る近未来SFの金字塔『攻殻機動隊』。この作品を題材としたVR作品『攻殻機動隊 GHOST CHASER』(2018年より「ダイバーシティ東京プラザ」のVRライド型アトラクション施設「hexaRide(ヘキサライド)」にて好評稼動中。)がこの度、第76回ベネチア国際映画祭にて、2017年に新設されたVR(ヴァーチャル・リアリティ)部門コンペティション(Venice VR Competition)に正式招待されることが決定しました。

ベネチア国際映画祭は今年で76回目を迎えカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭に並ぶ世界三大映画祭のひとつで、今年は8月28 日~9月7日まで開催予定です。
VR部門のコンペティションは「VR最高賞」「VRエクスペリエンス最高賞(インタラクティブコンテント対象)」「VRストーリー最高賞(ノンインタラクティブコンテント対象)」の3つとなります。
日本のVR作品としてコンペティション作品として正式招待され、プレミア上映されるのは、本作が日本初となります。

正式招待を記念して本作『攻殻機動隊 GHOST CHASER』の監督である東弘明から喜びのコメントが到着いたしました。

東弘明監督コメント

昨年の招待上映に続き、本年は念願のコンペティション部門へのノミネートを頂き、大変嬉しく思っています。
一年前、もっと良い作品を作り、またヴェネチアに戻って来ようと仲間と誓ったのが昨日のことのようです。
今作で目指したのは「ストーリーテリングとライドアトラクションの融合」です。映画の世界に没入し、主人公達が紡ぎ出すストーリーを目の前で目撃すると同時に、他に類を見ない可動域を持つライド筐体に乗りこむことで、最高の浮遊感と疾走感を肌で感じ、体験後には一つの旅を終えて戻ってきた時に似た余韻が残る作品となっています。新しいVRエンターテイメントを作り上げるべく、CGチームと共に何度も推敲を重ねて作り上げた今作品を、より多くの方々に体験して頂けることは心からの喜びです。

©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください