ゲーム

『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』Blu-ray&DVDのアウターケースやポストカードデザインが公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



累計発行部数1088万部突破の超人気少女コミック原作『L・DK』の実写映画『L・DK ひとつ屋根の下、 「スキ」がふたつ。 』のBlu-ray&DVDが9月3日(火)に発売いたします。 そのアウタースリーブケースやポストカードデザインが公開された。

【ストーリー】
高校3年生の西森葵(上白石萌音)は、 学校には内緒のある秘密があった。
それは王子と呼ばれる学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野遥亮)と同居していること。
この秘密を知るのは葵の親友カップルと、 柊聖の兄でカメラマンの草樹(町田啓太)だけ。 ラブラブな生活を送るふたりの前に突然現れたのは、 イケメンだが口の悪さは天下一品な柊聖の従兄弟・久我山玲苑(横浜流星)。
一見平凡そのものな葵を「70点女」と呼び、 柊聖とは不釣合いだと納得がいかない玲苑が同居に割り込んでくることに!?
あるとき、 学校内で柊聖と葵が付き合っているという噂が流れ始める。
同級生に問い詰められる葵の前に、 「こいつは俺の女だから」と立ちふさがったのはなんと玲苑だった。 “彼氏彼女のフリ”をするため、 ふたりで過ごす時間が増えていく葵と玲苑。 段々と打ち解けていくふたりの陰で、 柊聖はひとり不安を感じていた――。
少しずつ、 だけど確かに変わっていく3人の気持ち。 葵、 柊聖、 玲苑の3人同居生活はついに波乱のフィナーレへ!

【以下プレスリリース文】




原作は漫画家・渡辺あゆが手がけた少女コミック『L・DK』。
2009年から8年以上に渡り「別冊フレンド」(講談社)にて長期連載され、 コミックス累計発行部数は1088万部を突破する超人気少女漫画。
2014年には主人公の西森葵役を剛力彩芽、久我山柊聖を山崎賢人が演じて実写映画化され、原作ファンのみならず日本中の女子中高生を熱狂させた。キャストを一新した今作で描かれるのは、原作コミックの中でも特に絶大な人気を誇る「玲苑編」。
女子中高生から圧倒的な共感を得ている等身大のヒロイン・西森葵役を演じるのは、 若手演技派女優の上白石萌音。 葵と密かに同居している学校一のイケメン・久我山柊聖役に、 杉野遥亮を抜擢。 そして、 今作のキーパーソンであり、 3人目の同居人として葵と柊聖の間をかき乱す、 柊聖の従兄弟・久我山玲苑役を横浜流星が演じる。 前作に引き続き、 川村泰祐が監督を務める。

原作通りの名シーンが随所にちりばめられ、 ファン必見の仕上がりとなっている今作。 あごクイ×壁ドン、 持ち上げドン、 頭ぽんぽん、 バックハグなどなど……イケメン2人から迫られる葵視点でみる、胸きゅんシーンのオンパレードから目が離せない!

発売されるBlu-ray&DVDの初回限定特典は、アウタースリーブケースとポストカード4枚セット。
映像特典はメイキングや舞台挨拶などをたっぷり収録。 さらに先着予約購入者特典として、「L・DKオリジナルコンパクトミラー」が付いてくる。
大ボリューム予定の映像特典の詳細は、決まり次第お知らせいたしますので、続報をお待ちください!


【Blu-ray&DVD 詳細情報】
■発売日:2019年9月3日(火)
※8月21日(水)よりレンタル開始
■価格:Blu-ray(2枚組) 5,800円(税抜) (BIXJ-0308)/DVD(2枚組) 4,800円(税抜) (BIBJ-3376)
■発売・販売元:株式会社ハピネット

■Blu-ray&DVD 共通特典
【初回限定外装・封入特典】アウタースリーブケース、 ポストカード4枚セット
【映像特典】
 [本編ディスク] ・予告集   [特典ディスク] ・メイキング ・舞台挨拶集 他


【先着予約購入者特典】L・DKオリジナルコンパクトミラー



【キャスト&スタッフ】
出演:上白石萌音、 杉野遥亮、 横浜流星、 高月彩良、 堀家一希、 町田啓太
原作:渡辺あゆ(『L・DK』講談社「別冊フレンド」刊)
監督:川村泰祐
脚本:江頭美智留
音楽:遠藤浩二
主題歌:上白石萌音×内藤崇仁(androp)「ハッピーエンド」(ユニバーサルJ)
挿入歌:SUPERNOVA「Everytime」(SV RECORDS)

※『L・DK』の「・」はハートマークが正式表記です
※特典ディスクはDVDとなります
※商品の仕様は変更になる場合がございます

公式サイト: http://www.l-dk.jp/dvd/
(C)「2019 L・DK」製作委員会


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください