映画
アニメ
ゲーム

OVAアニメ「こえでおしごと!」アフレコレポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る





月刊コミックガムで好評連載中の「こえでおしごと!」が

ついにOVAアニメとして発売!

ということで、
早速アフレコ現場にいってキャストの皆さんからコメントいただきました。






OVAアニメ「こえでおしごと!」ストーリー
いたって普通の高校生の女の子である青柳柑奈が16歳の誕生日を迎えた時に姉の弥生からバイトをやらないか?と頼まれた仕事がエロゲの声優だった、、、。ひとりの普通の女の子の声優サクセスストーリーが、今始まる!



MAKOさん (青柳柑奈役)
青柳柑奈役を演じさせていただきましたMAKOと申します。こういうちょっとエッチな作品は初めてだったので、もう出たとこ勝負!という感じだったんですけども(笑) なんかすごく恥ずかしくって、(そういう)気持になっちゃうのかな?と思ったら、意外に楽しくなってしまって(笑) 変な言葉を何回言ったのかを数えてみたり、大きく言うのが何回とか 小さく言うのが何回とか(笑) 現場にいるスタッフやキャストの皆さんがすごい楽しく作っていたので、私も現場を楽しめました。
柑奈は、ものすごく思ったことを素直に表現する女の子です。恥ずかしかったら恥ずかしいというのがすごく前に出るし、ビックリしたらすごい飛びあがってビックリするし本当にコロコロ表情が変わって、ここでこういう風にアクションしたら、声をだしたら面白いかなって考えながらエッチな場面だけでなくて日常の面とか、ひとつひとつのリアクションを自分なりに研究して演じたのでそれを見て欲しいと思います。
私は、普段はしっとりとした喋り方をしたりするタイプなんですけども、このアフレコをしたら物凄く解放的な気分になってしまって、なんでもしゃべれるぞ!みんなと仲良くできちゃうぞ!みたいな気持ちになったくらい(笑) それぐらい自分を解放させて取り組んだ作品です。
なので、嫌いにならないでMAKOのことを!もっと好きになって!という感じですね(笑) これからも応援していただきたいと思います。よろしくお願いいます。



石川綾乃さん (藁園文花役)
藁園文花役の石川綾乃です。よろしくお願いします。私もこういう刺激的なお仕事は初めてなんですけれども、MAKOちゃんと同じで、現場の暖かい空気に恵まれて、とても楽しく演じることができました。藁園文花ちゃんはプロの声優さんで、柑奈ちゃんを優しく指導するお姉さん役です。エッチなゲームのお仕事を、仕事の原点として考えていてとても大切にしている新人声優さんです。
私は原作のファンなんですけども、原作の世界観を壊さずにそれ以上の作品になったと思います。これからコミックで文花ちゃんがいろいろな面をみせていくと思うので、ハッチャけた文花ちゃんとか牧野小鳥役なと思います。



長妻樹里さん (能家葉月役)
能家葉月役を演じさせていただきました長妻樹里です。今回、生まれて初めて声優のアフレコをしました。一つの物作りをするという現場に初めて携われるということで、昨日も眠れないくらい緊張していたんですけども、現場の暖かい雰囲気に助けられて楽しくお芝居させていただきました。
今回、自分の中で最大の課題になっていたのは京都弁をやらせていただいたことです。京都弁指導の方にも付いていただいて、かなりプレッシャーだったんですけども、アクセントに意識するという部分ですごく今後への課題となるような良い機会に恵まれたなと思います。
葉月ちゃんは、関西弁のおっとりとした感じで成績も優秀ということで、物静かな感じなのかなって思いきや、結構大胆なことも言っちゃうような女の子です。とても恥ずかしそうに言っているにも関わらず、結構大胆な部分がいろいろ垣間見えるじゃないかなと思います。
私自身の声優を目指していた時代をすごく思い出すというか、声優を目指す人達にとってもバイブル的な存在になる作品だと思いますので、沢山の人に観てもらって、こういう世界のことをいっぱいいっぱい知ってもらえたらなと思います。
今後、2巻も出るにあたって、私たちクラスメイトの小鳥ちゃんと葉月ちゃんも、もうちょっと出番があるかもしれないので(笑) そこも見所にしていただけたらと思います。よろしくお願いします!



島形麻衣奈さん (牧野小鳥役)
牧野小鳥役を演じさせていただきました島形麻衣奈です。私も長妻さんと一緒で、この作品が初めてのアニメーションなんですけども、オーディションのお話しが来る前から原作を知っていて、どうしてもこの作品絶対出たい!と思ってチャレンジした作品です。
なので、この作品が私の一番最初のアニメーションということで、こんなに運がいい人は あまりいないんじゃないかなと思ってます(笑)
牧野小鳥ちゃんは、ちっちゃくて可愛くてツインテールの、外見が完全にロリな(笑) 女の子なので、私もこの子可愛い!って思います。
感情が表にでないキャラクターで、演じるにあたって感情が出ないけれども、どういったニュアンスを含めればいいかのかが難しいんですけども、そんな彼女がエッチな言葉を言う時に、どういう表現をするかというところを頑張って作り上げていきたいと思います。
まだ新人ですし皆さんにご迷惑をかけながらも、この作品を盛り上げていく一因になれて凄く幸せを感じております。今日、ダウンロードボイスで小鳥ちゃんのエッチなセリフも録ったので、そちらも聞いていただけたら嬉しいです(笑) よろしくお願いいたします。



OVAアニメ「こえでおしごと!」
「こえでおしごと!  take:1」 2010年11月17日発売
初回生産限定特装版
Blu-ray:予価¥9,240(税込み)
DVD: 予価¥8,190(税込み)
通常版
Blu-ray:予価¥7,140(税込み)
DVD: 予価¥6,090 (税込み)
初回生産限定特装版同梱特典予定:
・「頑張って、こえでおしごと!…しちゃいました!」キャラクター・ボイスホルダー
・特製ブックレット(設定資料・スタッフメッセージ 他収録) 他予定



「こえでおしごと!  take:2」
初回生産限定版
DVD: 予価¥8,190(税込み)
Blu-ray:予価¥9,240(税込み)
通常版
DVD: 予価¥6,090 (税込み)
Blu-ray:予価¥7,140 (税込み)
2011年3月発売予定



メインスタッフ
原作:紺野 あずれ(掲載「月刊コミックガム」ワニブックス刊)
監督:絶賛調整中
シリーズ構成・脚本:鈴木 雅詞
キャラクターデザイン・作画監督:清丸 悟
美術監督:松本 浩樹 / 編集:重村 建吾
色彩設計:甲斐 けいこ樹 / 撮影監督:中村 昌樹
音響監督:本山 哲樹 / 音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:Studio五組



キャスト
青柳柑奈:MAKO
藁園文花:石川綾乃
能家葉月:長妻樹里
牧野小鳥:島形麻衣奈
青柳弥生:渡辺明乃
日置長俊:千葉進歩
横山雪平:水島大宙
船木竜一:高橋伸也
[公式サイト]
(C)紺野あずれ・ワニブックス/PC

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください