映画
アニメ
ゲーム

『アポロ11 完全版』人類史上最大の冒険を記録した超秘蔵映像と音声データ 3年の時を経てついにお披露目!メイキング画像公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

月面着陸から今年で50周年。アメリカ公文書記録管理局(NARA)とNASAにより発掘された超秘蔵映像と音源を4Kリマスター映像で描くドキュメンタリー映画『アポロ11 完全版』7月19日より109シネマズ二子玉川ほかで緊急公開が決定した。

【以下プレスリリース文】

人類史上最も注目されたアポロ11号の月面着陸(1969年7月20日)から50周年を迎える今年2019年の夏。
アメリカ公文書記録管理局(NARA)とNASAにより新たに発掘された、70㎜フィルムのアーカイブ映像や11,000時間以上もの音声データを基に制作された前代未聞のドキュメンタリー。
ロケットの発射前から、月面着陸、そして地球生還までの9日間を詳細に捉え、4Kリマスターにより50年前の映像とは思えないほどの圧倒的な迫力と美しさを誇る、まさに映画館で観るべき新時代のドキュメンタリーである。

もともとNASAはこの映像を保管施設に置いていたが、その後NARAへ移され、そこで使用されずなかば忘れられたようになっていたという。
音声記録に関しては存在することはわかっていたが、最近になってようやくアクセスできるようになった。
複数の異なる音声記録が残され、宇宙と地球との交信、あるいは地球に向けて放送された宇宙飛行士の声、宇宙飛行士に返される打ち上げ管制センター代表の声など、これまで公開されていなかった音声記録が使用できることになったのだ。
単なる映画制作の為の提供ではなく、極めて貴重な歴史の素材をまとめて保存する機会として、公文書係員から研究者など、すべての関係者による途方もない努力と犠牲により10年以上にもなるリサーチを経て、3年かけて本作を編集し完成させた。

この度、発見された70mmフィルム、その映像を特注のスキャナーで高解像度でスキャニングする様を映し出した超貴重メイキング画像を公開!!
あえてナレーションやインタビュー映像を入れず、当時の映像と音源のみで構成された本作は、まるで“そこにいる”かのような臨場感と緊迫感たっぷりのまさに“驚愕の映像体験”が出来る作品に仕上がっている。

映画『アポロ11 完全版』は7月19日(金)より、109シネマズ二子玉川ほか全国ロードショー

監督・編集・プロデューサー:トッド・ダグラス・ミラー
出演:ニール・アームストロング、
バズ・オルドリン、
ジャネット・アームストロング、
マイケル・コリンズ、ジャック・ベニー 他
アメリカ/英語/93分/原題:APOLLO 11/G
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
公式HP:http://apollo11-movie.jp
COPYRIGHT © 2019 MOON COLLECTORS LLC
© 2018 moon collectors llc. all rights reserved © 2019 Universal Studios. All Rights Reserved

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください