佐藤浩市・渡辺謙出演 福島第一原発事故を描いた映画『Fukushima 50』に吉岡秀隆、安田成美が参戦!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。
日本人誰もが経験し、全世界が震撼した3.11の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50』が、2020年に全国公開される。

【以下プレスリリース文】


本作は、2011年3月11日午後2時46分に発生し、マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描く物語。
想像を超える被害をもたらした原発事故の現場:福島第一原子力発電所(イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれました。
世界中が注目した現場では本当は何が起きていたのか?何が真実なのか?浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本壊滅の危機が迫る中、死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が、今、遂に明らかになります。

主演には、『64ロクヨン』シリーズの佐藤浩市。地元・福島出身で原子炉から最も近い中央制御室(通称・中操)を指揮する1・2号機当直長、伊崎利夫を演じます。
そして、共演の福島第一原発所長の吉田昌郎役に、『沈まぬ太陽』の渡辺謙。そして監督は同じく『沈まぬ太陽』『空母いぶき』の若松節朗、そして脚本はNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の前川洋一、音楽は『日本沈没』『レッドクリフ』シリーズの岩代太郎が担当します。

そしてこの度、本作の第2弾キャストを発表いたします。
伊崎利夫(佐藤浩市)らの1・2号機へ応援に駆けつけるプラントエンジニアで福島第一原発 5・6号機当直副長の前田拓実役に吉岡秀隆。死を覚悟し、世界初となる危険なベントを志願する。吉田昌郎所長が指揮を執る免震重要棟の緊急対策室で総務班として作業員の安全確保に尽力する職員、浅野真理役に安田成美。
本店とのやり取りに奔走する吉田を支え続ける。日本映画を代表する両名が参加し、超豪華実力派キャスト・スタッフが結集することとなりました。


吉岡秀隆:福島第一原発 5・6号機当直副長 前田拓実役
担当する5・6号機が安定したため、危機的状況に陥った1・2号機へ応援に駆けつける。
1号機を10年担当していたため、他の誰よりも1号機に詳しいプラントエンジニア。放射線量が上昇し続ける1号機で、3度目のベントをアタックするメンバーに志願する。伊崎(佐藤浩市)と同じ高校を卒業した地元福島の後輩。

<吉岡秀隆コメント>
福島第一原発事故は現在進行形であり、今も戦い続けている人たちの心にも響く映画になればと思っています。
この事故は戦後最大の日本の危機でしたが、そこに踏みとどまった人たちがいたという事実があります。今後それを知らない世代が生まれた時にも、『Fukushima 50』がその歴史を知るための一つの礎となり、未来に向かっていくための映画の一つになってほしいと思っています。

ベントとは?
全電源喪失により原子炉を冷やす手段を失った1・2号機は空焚き状態となり、原子炉格納容器内の圧力が急上昇した。
高圧による爆発を防ぐために強制的に中の空気を抜き圧力を下げる【ベント】という作業を行うしかなかったが、高い放射線量の中に人が入り手動での実施となった。ベントが行われたのは実例がなく、イチエフでの作業が世界初となった。

安田成美:福島第一原発 緊急対策室 総務班 浅野真理役
吉田昌郎所長が指揮を執る免震重要棟の緊急対策室で総務班として作業員の作業員の安全確保に尽力する職員。
イチエフ内では数少ない女性。大津波警報発令時の緊急アナウンスから建屋が水素爆発した時のけが人の確認まで何でもこなし、所長の吉田を支え続ける。

<安田成美コメント>
あまりにすごいセットとエキストラの方々の数に大変緊張しました。原発事故は処理がまだまだこれからです。
たくさんの人にこの映画をご覧いただき、感じてもらえることがあればと思っています。原作「死の淵を見た男」を読んで、当時原発内にいた人たちが戦場のような現場で命を懸けて戦っていたというのがわかりました。その熱い思いを伝えられたらと思います。




2020年 3月 全国ロードショー


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください