アニメ
ゲーム

日本で早くも観客動員数100万人突破‼『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TheNoises_rogo

6月28日(金)に日本で世界最速公開を迎え、観客動員数100万人突破&興行収入は早くも18億6800万円をあげるなど、日本中を席巻している『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
日本に続き、7月2日より公開となった全米をはじめ、全世界の興行収入も7月7日(日)時点で5憶8000万ドル(約626億円)と、前作『スパイダーマン:ホームカミング』を大きく上回る世界的大ヒット作品!
期待以上の完成度の高さが世界中を熱狂させている本作は、この度、大ヒットを記念して、本作のアンバサダーである伊藤健太郎が登壇する、大ヒット御礼舞台挨拶の実施!

【以下プレスリリース文】

世界中で“スパイダーマン旋風”を巻き起こしている本作。
大ヒットをお祝いすべく駆け付けた多くのファンの熱気で会場が包まれる中、意気揚々と登場したのはスパイダーマン‼

サプライズ登場に喜びが隠せないファンたちの大きな歓声を浴びながら、スパイダーマンが登壇。
姿の見当たらない伊藤に、会場から「健太郎―!」と呼びかける声が。徐々に大きくなる声に、スーツのマスクの脱いで現れたのは、なんと伊藤健太郎!予想外のサプライズ演出に会場のボルテージは、一気に最高潮へ!
黄色い声援を浴びた伊藤は、「正直、裸を見られているようで恥ずかしい」と照れ臭そうにし、会場の笑いを誘った。さらに、ロサンゼルスで現地時間6月26日(水)※日本時間6月27日(木)に行われたワールドプレミアに、アンバサダー就任後の初任務として、トム・ホランドと初対面を果たした伊藤。
その時の気持ちを「映画が盛り上がっているロサンゼルスの本場でああいう経験をさせてもらったのは、刺激を受けました。」と感慨深げに振り返った。
アベンジャーズの中でも1番“スパイダーマン”が好きだという伊藤は、彼の魅力を「親近感」とし、普通の高校生であるピーター・パーカーが頑張っている姿に親近感が沸くそう。さらに、スパイダーマンと自身との共通点を、ピーターがいつも親友・ネッドとともに過ごしていることから「いつも同じ友達といること」と語った。

イベントでは、 伊藤の運動神経の高さを生かした“スパイダーマン認定テスト”というテストも実施。スパイダーマンに備わってる超人的な特殊能力を伊藤が身体をはってPRすることに。1つ目のテストは、超人的な平衡感覚を測るため“スラックライン”と呼ばれるスポーツに挑戦。長さ4mの細いベルト状のラインの上を、見事渡り切れれば、クリアとなるこのテスト。
会場からの熱い声援を受け、危なげなく渡り切り、クリア!会場からは割れんばかりの拍手が送られ、伊藤も「やったー!」と満面の笑みで応えた。


続いて、スパイダーマンが備える危機察知能力、通称“スパイダーマンセンス”を試すテスト。
用意された3つの箱のうち、唯一スパイダーマンの入っている箱を選び出す、難関なもの。中には触れられず、箱の外から“スパイダーセンス”を研ぎ澄ますしかない状況で、「簡単ですよ!」と自身を覗かせた伊藤。
会場のリアクションを伺うような仕草を見せるも、最後は宣言通り、見事スパイダーマンの入っている箱を引き当てる結果に!

見事、2つの“スパイダーマンテスト”をクリアした伊藤には、本作のポスタービジュアルを再現したスペシャルケーキが贈呈された。スパイダーマンの顔が描かれたスペシャルケーキに、目を輝かせた伊藤は「凄い!」と大興奮でコメント。アンバサダーの本領を発揮し難関なテストをくぐり抜けた伊藤は、「クリアできると思わなかったので、沸々と嬉しさが込み上げてきます」とはにかみながら感想を述べた。
イベントの最後に行われた、観客向けのプレゼント抽選会では、伊藤がまさかの不在席を当てるというある意味“スパイダーセンス”を光らせた珍場面も。
「『スパイダーマン:ホームカミング』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に続く、最高傑作となっています。」とコメント。さらに続けて、「今までにない、パワーアップしたスパイダーマンや登場人物たちが魅力的に描かれているので、ぜひ楽しんでください」と本作をPRし、イベントは大盛況で幕を閉じた。



【あらすじ】
ピーター(トム・ホランド)は夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかしそこに待っていたのは、元S.H.I.E.L.D.長官であるニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。
迫りくる新たな脅威を察したニックは、その戦いに向けてスパイダーマンの力を必要としていたのだ。
目の前に立ちはだかる圧倒的な敵にピーターは怖気づくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、“火”や“水”など自然の力を操るエレメンタルズ。ニックは異次元から来たというミステリオ(ジェイク・ギレンホール)をピーターに引き合わせ、彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。そしてこの戦いに、ソーやキャプテン・マーベルの力は借りられない。
ピーター=スパイダーマンはこの厳しい戦いにどう立ち向かうのか――今、世界は彼に託される・・!

■『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(原題:Spider-Man:Far From Home)』
■全米公開:2019年7月2日
■監督:ジョン・ワッツ(『スパイダーマン:ホームカミング』)
■脚本:クリス・マッケナ & エリック・ソマーズ
■マーベル・コミック・ブック原作:スタン・リー and スティーヴ・ディッコ
■製作:ケヴィン・ファイギ、エイミー・パスカル
■キャスト
トム・ホランド
サミュエル・L・ジャクソン
ゼンデイヤ
コビー・スマルダーズ
ジョン・ファヴロー
J・B・スムーヴ
ジェイコブ・バタロン
マーティン・スター withマリサ・トメイ and ジェイク・ギレンホール

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください