『ジョーカー』日本公開は日米同日10月4日(金)に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



世界で最も有名な悪の一人、不気味で狂気的な”ジョーカー”に一人の男が変貌していく姿を描く『ジョーカー』の日本公開日がUSと同日の10月4日に決定した。さらに「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」という印象的なセリフと共に孤独な男アーサー・フレックが狂気の“ジョーカー”へと変貌を遂げていく特報とポスタービジュアルが完成した。



「どんな時も笑顔で」そして「人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きていたアーサー・フレック。完成した特報ではピエロの格好をしたアーサーの精神が崩壊してしまったのか、地下鉄で 1 人、突如大爆笑するインパクトたっぷりのシーンからスタートする。ジョークで世界に笑いを届けるはずだった彼に一体何が起きたのか? 映像の後半、緑色の髪・白い肌・口が避けたかのようなピエロのメイク──不気味な“ジョーカー”となったアーサーの姿で幕が降りる。[笑いの仮面をかぶれ]というコピーと共に、映像の中の唯一のセリフ「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」の言葉に胸が張り裂けそうな男の悲しい想いが象徴され、見る者をゾクゾクさせる特報となっている。

そんな本作で“ジョーカー”を演じるのは 3 度のアカデミー賞ノミネート実績を持つホアキン・フェニックス。これまでもこのジョーカーというキャラクターはジャック・ニコルソン(『バットマン』)、ヒース・レジャー(『ダークナイト』)、ジャレッド・レト(『スーサイド・スクワッド』)など様々な名優たちが演じてきたが、近年特に注目を集めるホアキン・フェニックスは特報でも“狂演”の一端を見せつけ、全世界で早くもアカデミー賞へ期待が高まっている。また、共演には泣く子も黙る生ける伝説・オスカー俳優ロバート・デ・ニーロ。監督は『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。監督と共に脚本を手がけるのは『ザ・ファイター』でアカデミー賞脚本賞にノミネート経験もあるスコット・シルバーが務める。



『ジョーカー』
日米同日 10月4日(金) 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C) DC Comics”
公式サイト:http://jokermovie.jp



ジョーカー[新装版] (ShoPro Books)


バットマン・アンソロジー コレクターズ・ボックス (初回限定生産) [Blu-ray]


ダークナイト(2枚組) [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください