映画
アニメ
ゲーム

ティム・バートン&コリン・ファレル来日!実写映画『ダンボ』ジャパン・プレミアイベント開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



【取材・文:ハウル沢田】

ディズニーと鬼才ティム・バートン監督が、国や世代を超えて愛され続ける名作『ダンボ』を実写映画化した、全世界注目の最新作『ダンボ』が3月29日(金)に公開となる。3月14日、新宿 山野ホールにてディズニー映画「ダンボ」のジャパンプレミアイベントが行われた。イベントには新日家で知られるティム・バートン監督、来日は14年1ヶ月ぶりとなるホルト役のコリン・ファレル、さらに日本版ホルト役の声優の西島秀俊が登場しイベントを盛り上げました。



バートン監督は「皆さんこんばんは、本当にありがとうございます。2年ぶりの来日ですが、毎回日本に来るたびに、みなさんからたくさんの元気、エネルギーをもらっています、本当に日本という国はアーティストの溢れている国だと思いますし、今日来れてうれしいです。この映画を楽しんでくださいと伝えた。ディズニーの中でもダンボのキャラクターが大好きで、空を飛ぶ象というものが、自分に語りかけてくれるものがある、現代は混沌とした時代の中、純で純粋な感情を伝えたい」と思いを語った。

ホルト役のファレルは「お越しくださいましてありがとうございます。ほんとに暖かい歓迎感謝しています。今日皆さんコスプレしてくださったり、メイクをしてきてくださったりした方がたくさん来てくれて嬉しい、名匠ティム・バートン監督の作品を心から楽しんでください」と挨拶。ホルト役として演じてみてバートンの作品に初出演した感想に関しては「最悪だったんだよね。笑。 こんなエネルギーのある人と6カ月も一緒だなんて疲れちゃいますよね。」とジョークを言った。「本当に美しい体験でした。役者になってから同じくらいの時間をティムのファンとして過ごしてきました。」と嬉しそうに語った。

日本版ホルト役の声優の西島は「ティム・バートン監督の最新作ということで日本のファンのみなさんが本当に楽しみにしていたってことを改めて今日熱気を感じています。皆さんの期待以上に遥かにすばらしい作品なのでぜひ楽しみにしていてください」と語った。















【ストーリー】
“大きすぎる耳”を持つ子象のダンボはサーカス団の笑いものだったが、やがてその大きな耳を翼にして空を飛べることに気づく。コンプレックスを強さに変えたダンボは、引き離された母を救うため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す!大きな耳で大空を舞うダンボが、世界中に“勇気”を運ぶ感動のファンタジー・アドベンチャー!

『ダンボ』
3月29日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
公式サイト:http://disney.jp/dumbo/



Amazonリンク:ダンボ オリジナル・サウンドトラック


Amazonリンク:ダンボ [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください