原恵一監督最新作『バースデー・ワンダーランド』ポスタービジュアル解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』や『河童のクゥと夏休み』などで、世界35以上の映画賞に輝いた、“大人が泣けるアニメーションの巨匠“原恵一待望の最新作『バースデー・ワンダーランド』が4月26日(金)に公開となる。

今回、女優・松岡茉優が演じる主人公アカネがまっすぐなまなざしを向け、ワンダーランドの冒険に大きな感動の予感溢れるポスタービジュアルが完成。さらに、本作に出演するワンダーランドから色を奪うザン・グ役の藤原啓治(『鋼の錬金術師』マース・ヒューズなど)、ザン・グの弟子ドロポ役の矢島晶子(『クレヨンしんちゃん』シリーズの初代野原しんのすけなど)の『クレヨンしんちゃん』シリーズの声優コンビからコメントも到着した。



解禁されたポスタービジュアルには、主人公で自分に素直になれない普通の女の子アカネがまっすぐにこちらを見つめる姿が描かれている。力強いまなざしを向けるアカネだが、実は内気で自分に自信がない女の子。しかし誕生日の前日、謎の紳士ヒポクラテスとその弟子で身長15 センチの小人のピポと出会い、ワンダーランドの救世主にされ、強引にワンダーランドへ連れ出されてしまう。幸せ色に満ちた見たこともない不思議な世界で、救世主にされたアカネが下す大きな決断とは?失くしていた“宝物”を見つける大冒険の先にある驚くべき運命が待ち受ける本作の大きな感動を予感させるビジュアルとなっている。

原監督と『クレヨンしんちゃん』シリーズなど数々の作品でタッグを組んできた声優・藤原啓二と矢島晶子が出演してい本作。原監督の作品を誰よりも知っている藤原と矢島だからこそ、監督の作品の魅力について“泣かせようとしていないのに涙が流れてしまう作品”だと絶賛する。

矢島は「原監督は“泣かせよう“とする演出はされていないと思います。演技でもそうですが“泣かせよう“と意図すると、かえって伝わらなくなってしまうので。本作でも原監督が魅力に感じる物語やキャラクターを私たちに見せてくれているだけなのに、その結果涙が流れるなんて本当に素敵なことですよね」と絶賛。さらに藤原も「『オトナ帝国の逆襲』の時もでしたが、泣かせようと意図しているわけではないのに、それでも”泣けるアニメーションの名手”と言われているのは、監督の目線の優しさのおかげかなと思います。本作はこれまでの作品と同じで指示が的確で、監督のやりたいことが見えているように感じました」と、27年以上も原監督作品に出演してきた二人が太鼓判を押す。

本作は、子どもから大人まで幅広い世代に愛され続ける不朽の名作を、原監督がイマジネーションを爆発させて創り上げた“まったく新しい映像世界”が描かれる。「自信作」と原監督が語る本作の世界観を表現するキャラクター/ビジュアルは、原監督自ら抜擢したロシア出身の新進気鋭の若手アーティスト、イリヤ・クブシノブが担当している。



【ストーリー】
誕生日の前日、自分に自信がないアカネの目の前に突然現れたのは、謎めいた大錬金術師のヒポクラテスとその弟子のピポ――「私たちの世界を救って欲しいのです!」と必死でアカネに請う2 人。そしてアカネが無理やり連れて行かれた世界は――骨董屋の地下室の扉の先から繋がっていた<幸せな色に満ちたワンダーランド>! ふしぎな動物や人が住む世界から、色が消えてしまう!その世界を守る救世主にされたアカネが大冒険の果てに下した、人生を変える決断とは? 一生に一度きりの、スペシャルでワンダーな誕生日が始まる—-!

『バースデー・ワンダーランド』
4月26日(金) 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/birthdaywonderland/



Amazonリンク;映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]


Amazonリンク:河童のクゥと夏休み [Blu-ray]


Amazonリンク:カラフル 【通常版】 [Blu-ray]


Amazonリンク:百日紅~Miss HOKUSAI~ [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください