映画
アニメ
ゲーム

TVアニメ『バクマン。』完成披露試写会レポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



2010年10月2日よりNHK教育テレビでいよいよ放送がスタートする『バクマン。』。その放送を前に関係者を集めた試写会と併せて完成披露の記者会見が行われた。当日はNHKの斉藤健治プロデューサー、秋田谷典昭監督に加え、主人公の真城最高役阿部敦さんと高木秋人役日野聡さんが登壇し、この作品にかける意気込みを語った。

第1話のオープニングではサプライズの演出があり、それに関して秋田谷監督は「サプライズは今後も色々と考えています。」と今後の演出も期待させてくれる発言も飛び出した。

以下、キャストのコメント。

阿部さん「原作のファンでもあるので、最高役に選んでいただいて光栄です。これから最高と秋人がどのような運命を辿り、そして僕らがキャラクターにどのように息を吹き込んでいくことになるのか、自分自身でもすごく楽しみにしています。 1話での最高は、最初は冷めた感じなのですが、漫画家になると熱く宣言します。心の中には熱いものを持っているんだけど、そこに自分でも気づかない、そんな最高のギャップ、二面性出していけたらと思います。第1話収録のときは、一体どのようになるんだろうと不安もあったのですが、日野さんの力によるところも大きく、秋人との掛け合いもスムーズで、毎週楽しく収録させていただいています。 」

日野さん「秋人は一見クールに見えるんですが、その部分を前面に出さず、ストレートに自分の意見を言うところが魅力のひとつではないかと思っています。漫画業界を知らないまま、憧れの夢へ突き進むという最高とは違うタイプの熱さを持っているので、最高とのバランスを気にしつつ演じさせていただいています。第1話収録のときは、阿部くんも仰っていましたが、僕も全く同じ感覚を覚えました。台詞のやり取りをしていて、自然と呼吸感が合っていて、思っていた以上にすんなりと秋人に入り込むことができました。 」

さらに、記者席に身を隠していた(笑)見吉香耶役矢作紗友里さんが登壇し、キャラクターの魅力について語った。

矢作さん「見吉は飾らない素直なところが魅力の女の子です。中学生なので子供っぽい部分も忘れないように、正直で素直なところを前面に出していけたらと思います。生き生きしたキャラクターに負けないよう、私も最後まで頑張りたいと思います。 」

矢作さんは、10月4日(月)よりスタートの『バクマン。』Webラジオ「バクマン。放送局 ラジマン。」特別レポーター としてやってきたとのことで、阿部さん、日野さんに「『バクマン。』の女性キャラで一番好みなのは誰でしょうか?」と質問 。阿部さんは「最高役ということで、亜豆です。」とコメント。日野さんは、矢作さんのアピールも届かず「やっぱり亜豆が可愛い」と語った。

TVアニメ「バクマン。」
10月2日 NHK教育テレビにて毎週土曜18:00より放送開始予定

キャスト
真城最高:阿部敦
高木秋人:日野聡
亜豆美保:早見沙織
見吉香耶:矢作紗友里
新妻エイジ:岡本信彦
福田真太:諏訪部順一
中井巧朗:志村知幸
蒼樹紅:川澄綾子
岩瀬愛子:藤村歩
服部哲:利根健太朗
服部雄二郎:野島裕史
瓶子副編集長:川田紳司
佐々木編集長:堀内賢雄
川口たろう(真城信弘):浜田賢二

スタッフ
原作:大場つぐみ・小畑健
監督:カサヰケンイチ・秋田谷典昭
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督:下谷智之
美術監督:柴田千佳子
色彩設計:店橋真弓
撮影監督:岩井和也
音楽:Audio Highs
音響監督:渡辺淳
アニメーションプロデューサー:松倉友二
アニメーション制作:J.C.STAFF
制作統括:斉藤健治・野島正宏・根岸智也
制作:NHKエンタープライズ
制作・著作:NHK・小学館集英社プロダクション

主題歌
OPテーマ「Blue Bird」 歌:コブクロ
作詞・作曲:小渕健太郎/編曲:コブクロ

EDテーマ「BAKUROCK ~未来の輪郭線~」 歌:YA-KYIM
作詞:ryow inukami/作曲:mitsuyuki miyake,naoto suzuki,hiroto suzuki/編曲:hiroto suzuki

公式サイト:http://www.nhk.or.jp/anime/bakuman/

(C)大場つぐみ・小畑健・集英社/NHK・NEP・ShoPro

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください