映画
アニメ
ゲーム

シルベスター・スタローン&ドルフ・ラングレンが向かい合って語り合う!『クリード 炎の宿敵』特別映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



2015年に『ロッキー』シリーズの新章として公開された『クリード チャンプを継ぐ男』の続編『クリード 炎の宿敵』が2019年1月11日(金)に日本公開する。今回、今回、『ロッキー4/炎の友情』で、“殺人マシーン”イワン・ドラゴ役にドルフ・ラングレンを大抜擢した理由をスタローンが告白する特別映像“ファインディング・ドルフラングレン”が到着した。




本作の主人公アドニス・クリードの父、アポロをリングに沈めた『ロッキー4/炎の宿敵』に続き、本作でも再び宿敵としてロッキーとアドニスの前に立ちはだかるイワン・ドラゴ。今回、ドラゴを演じたドルフ・ラングレンと、シルベスター・スタローンが対談形式で語る貴重な特別映像「ファインディング・ドルフラングレン(ドルフ・ラングレンを探して)」が解禁された。映像は、『クリード 炎の宿敵』で33年ぶりに相まみえたロッキーとドラゴの緊張感のあるシーンの後、劇中の緊迫感とは違い、とてもリラックスした二人が対談を始める。



ドルフ・ラングレンは、『ロッキー4/炎の友情』でドラゴ役を手に入れた。9か月に及ぶオーディションを経て、5000人の候補者からスタローンの目に留まり、見事大抜擢されたのだ。ドラゴはロシア代表のボクサーという役どころだが、彼はスウェーデン出身の俳優だ。ラングレンが「スウェーデン人の僕を見つけた方法は?」と尋ねると、スタローンは「本当に難しかった。この怪物にはロシア人を想定していたからね。権力の厚い壁があった。そこに突然、君が浮上してきた」と、当時の時代背景では、ロシア人役を別の国のキャストが演じることも難しかったと答える。さらにラングレンが「演技コーチを通して写真を送った。それを見たの?」と、オーディション当時を振り返ると「見てこう言った。『皆彼を嫌うだろう。彼は完璧すぎる』とね。198cmで欠点なし、弱点なし」と、完全無欠の強敵という役柄にぴったりだったとスタローンが返答し、ラングレンは思わず大笑いする。ここで『ロッキー4』のロッキーとドラゴの対面シーンが映し出され、一目見ただけで二人の体格差がわかる。“殺人マシーン”と呼ばれる所以となる強力なパンチシーンでも、ドラゴは圧倒的な強さを見せつける。



完璧すぎる殺人マシーンに対して「そこが面白い。ロッキーは正反対だからね。彼は欠点だらけだ。どちらにもスタイルがあるが、完全に対照的だ。だから奇跡が起こる」というスタローンのコメントを受けて、アポロのリベンジを誓ったロッキーの雪山トレーニングと、政府が開発した最先端の機械を使ったドラゴのトレーニングシーンが対比される。ロッキーがドラゴを打ち破ることができたのは、ドラゴにはない不屈の精神が意表を突いたからだと語る。そして『クリード 炎の宿敵』では、次世代の息子が主人公だ。ロッキーは弟子であるアドニスに、ドラゴは息子であるヴィクター(フロリアン・ムンテアヌ)に、自身のスタイルを引き継ぐ様子が映し出される。最後に「今作はそれと同等か、それ以上の出来だよ」とスタローンが太鼓判を押す。



『クリード 炎の宿敵』
2019年1月11日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
公式サイト:www.creedmovie.jp



Amazon商品ページ:クリード チャンプを継ぐ男 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]


Amazon商品ページ:ロッキー ブルーレイコレクション(6枚組) [Blu-ray]


Amazon商品ページ:ロッキー コレクション スチールブック付きブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください