アニメ
ゲーム

『へレディタリー/継承』町山智浩トークショー付き上映決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



今年のサンダンス映画祭で発表されるや「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、日本でも「怖すぎる」「もう止めてくれ」とジャーナリストたちを凍りつかせているトラウマ級のホラー映画『へレディタリー/継承』が11月30日(金)に公開する。



主演は『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット。本作で見せる鬼気迫る怪演で、来年のオスカー主演女優賞ノミネートも噂されている。製作は昨年アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』を生み出し、今年も『レディ・バード』が賞レースを席巻。設立6年目にして話題作を次々と発表し、オスカー常連となった最注目の映画スタジオA24。

今回、公開初日となる11/30(金)に、TOHOシネマズ 新宿にて、映画評論家の町山智浩が本作を語るトークショー付きの上映が決定した。本作の脚本・監督をつとめたアリ・アスターとのインタビューも行った町山が、“現代ホラーの頂点”と評される本作を語る。

【町山智浩:コメント】
世界映画史上最も嫌なシーンがここにある!誰が主人公で、何のジャンルで、物語はどこに行くのか、誰にも予想できない究極のスリラー! ベルイマン、ミヒャエル・ハネケ、ラース・フォン・トリアー、ヨルゴス・ランティモスの系譜に新たな後継者! 仕掛けられた罠は一度観ただけじゃ気づけない。2度、3度観て、その用意周到さに唸れ!

【イベント詳細】
イベント名:『へレディタリー/継承』公開記念 町山智浩トークショー付き上映
実施日:2018年11月30日(金)
会場:TOHOシネマズ 新宿(新宿区歌舞伎町1-19-1 新宿東宝ビル3F)
実施時間:18:00~上映の回(※上映終了後にトークショー)
ゲスト:町山智浩(映画評論家)
料金:通常料金(※前売り券・割引券使用可 招待券使用不可)
チケット販売:11/23(金)AM0時(※販売方法、販売状況など詳しくはTOHOシネマズ 新宿HPをご参照ください。)

TOHOシネマズ 新宿HP:https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/076/TNPI2000J01.do



【ストーリー】
全米を凍りつかせた“完璧な悪夢” この家族の物語は、あなたの永遠のトラウマになる。ラハム家の祖母・エレンが亡くなった。エレンは気難しく、謎の多い人物だった。エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。エレンの娘アニーは、過去の出来事がきっかけでエレンに愛憎入り交じる感情を抱いていた。自らの人生を精巧なミニチュアで表現するアーティストであるアニーは、エレンとの暗い思い出をミニチュアにし、セラピーにも通う。夫のスティーヴン、内気な高校生の息子ピーター、祖母に溺愛されていた対人恐怖症の娘チャーリーとともに、家族を亡くした哀しみを乗り越えようとしていたのだ。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでしまってことに気づかぬまま・・・。チャーリーの様子がおかしい。祖母が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情で虚空を見つめている。彼女の部屋を覗くと、アニーがミニチュアを作るように、チャーリーも自分の部屋でこっそりと人形を作り続けていた。それは、動物の生首とガラクタでできた狂気のオブジェだった。やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発する。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声が聞こえる、暗闇に誰かの気配がする・・・。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。“受け継いだら死ぬ” 祖母が家族に遺した“何か”とは一体?

『へレディタリー/継承』
11.30(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム
(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
公式サイト:hereditary-movie.jp



Amazon商品ページ:トラウマ映画館 (集英社文庫)


Amazon商品ページ:トラウマ恋愛映画入門 (集英社文庫)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください