映画
アニメ
ゲーム

「決してひとりでは見ないでください」映画『サスペリア』ティザー予告&場面写真解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



『君の名前で僕を呼んで』で世界の映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督があの伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が、2019年1月より全国ロードショーとなる。
今回、ティザー予告&場面写真が解禁された。



70年代ドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー<マルコス>に巣食う禁断の秘密を、オリジナルとは異なる視点で大胆にアレンジした本作。本年度のヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門で上映されると、すべての想像を超えた衝撃的すぎる内容に歓声と怒号の入り混じる賛否両論が巻き起こり、<本年度最大の問題作>と大きな話題になった。メガホンをとるのは『君の名前で僕を呼んで』で女性を中心に映画ファンを虜にしたルカ・グァダニーノ監督。オリジナルの設定やキャラクターをベースに、まったく新しい予測不可能な物語として構築。そして音楽を全プロデュースしたのは、劇判初となるレディオヘッドのトム・ヨーク。時に呪文の様に重なり合う音楽や、恐怖や哀愁を伝えるメロディーが作品に不穏な彩りを添え、かつてないホラー映画を誕生させた。


今回解禁となったティザー予告では、ある雨の日、ひとりの女性が名門バレエ団を訪れるシーンから始まる。トム・ヨークが手がける不穏なメロディーが流れるなか一心不乱に踊る女性が、主人公となるスージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)。「そこには悪魔が巣くってる」というナレーションに、カリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)やバレエ団の長老たち、ほぼ全裸に赤いロープだけの衣装を身に着け、不気味なメイクで激しく官能的でセンセーショナルなパフォーマンスを披露するダンサーたち。美しくも恐ろしいが、予想のつかない物語の展開を予見させ、1977年公開のオリジナル版『サスペリア』で日本中を席巻した有名コピー「決してひとりでは見ないでください」の忠告から、全く新しくておぞましい恐怖体験に期待が高まる映像となっている。



『サスペリア』
2019年1月 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ギャガ
(C)ourtesy of Amazon Studios
公式サイト:gaga.ne.jp/suspiria



Amazon商品ページ:サスペリア [Blu-ray]


Amazon商品ページ:サスペリアPART2 日本公開35周年記念究極版 Blu-ray

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください