FUJIWARA恐怖で飛び上がる!『MEG ザ・モンスター』幕間映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


200万年前に実在した超巨大ザメ「メガロドン」が現代に甦る海洋パニック・エンターテイメント超大作『MEG ザ・モンスター』が9月7日(金)から全国公開する。

今回、お笑い芸人FUJIWARAがMEGにビビりまくる幕間映像が解禁された。

地球で最も深い海とされる“マリアナ海溝”を超える深海が発見された。この人類未踏の地に挑む海洋探査チームが発見してしまったのは200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ“MEG”(メガロドン)だった。MEGは全長23M、体重20トン、その歯の大きさは25cmという想像を絶する巨体を誇る。その大きさは都内を走る路線バス2台分の長さと同等。深海から目覚めたMEGは人類に牙をむき、恐怖の渦に陥れる。果たして人類はこの恐怖に立ち向かうことができるのか―!?主演の深海レスキューダイバー、ジョナス・テイラーを『ワイルド・スピード』シリーズのジェイソン・ステイサムが務める。監督はニコラス・ケイジの超大作アドベンチャー『ナショナル・トレジャー』のジョン・タートルトーブ。撮影を『アメリカン・スナイパー』を筆頭にクリント・イーストウッド作品を担当し続けているトム・スターン、美術をアカデミー賞受賞『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のグラント・メイジャーが担当するなど超豪華スタッフが結集した!

本作では“陸では敵なし”のステイサムが、どのように200万年前に実在したという超巨大ザメ<MEG(メグ)>の攻撃をかわし、生き残りを図るのかというのが、まさに本作の大きな見どころ。ステイサムの敵となる超巨大ザメ<MEG(メグ)>について、ステイサムは「海はとてつもなく広大で、多くの人がその下に何がいるのかを考えるだけで恐怖を抱き、瞬時に最悪の事態を想定するだろう。特にサメはそうだ。サメは容赦ない。海で泳ぐ者たちはホオジロザメを恐れている。だから、その3倍も4倍も大きな生物なら、どんなことになるか、想像するのは簡単だ。ましてや、追いかけられたくなんかないよね」と語り、今回の敵が本当に恐ろしいことを明かしている。

今回解禁された映像は、ビビリ芸人でおなじみの藤本はもちろん原西も体をのけぞらせるほど驚いており、MEGの恐怖やこの作品のアトラクション感が伝わるものになっている。さらに、公開に先駆けて実施した中高大学生を対象にした試写会でも90%以上の観客が本作を観賞して「ビビった!」と回答しており、鑑賞後には、「爽快!最高すぎた!」というコメントが出るなど、ただ怖いだけではなく、アトラクション的に楽しめる後味の良い作品で有ることが垣間見える結果となっている。

『MEG ザ・モンスター』
9月7日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
公式サイト:www.megthemonster.jp

Amazon商品ページ:ジョーズ[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

Amazon商品ページ:ディープ・ブルー2 [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください