アニメ

「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD ~王子様と眠れる森~  中井和哉さんインタビュー!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 




『王子様(笑)シリーズ』ドラマCD ~王子様と眠れる森~」の収録現場より、常識人で苦労人、今回もつっこみ役の「白雪姫」の王子様を演じた中井和哉さんから収録後のコメントを頂きました!!


――収録を終えての感想をお願いします。
中井:いつも楽しくやらせて頂いているのですが、今回は初の長編ドラマということで、いつもにも増して色々なセリフを言うことができて楽しかったです。



――印象に残ったシーンをお願いします。

中井:今までは、人に対して働きかけるシーンがあまりなかったので、「いばら姫」の王子に対して、励ましたり元気づけたりという部分は新鮮に感じました。今回も全編通して、基本的にはばかばかしいお話ではあるんですけども、気持ちの中では盛り上がるものがありました。



――「いばら姫」の王子様は恋愛に臆病なキャラクターでした。それに対して、すでに結婚している「白雪姫」の王子様は彼に対してどういう接し方でしたでしょうか。



中井:男にとって対女性のことは結婚していようがいまいが、普遍のテーマというか(笑)独身なら独身、既婚なら既婚でそれぞれにいろいろな悩みがあると思うんです。なので、既婚者っていう意味では、「白雪姫」の王子は確かにちょっと先輩なのかもしれないですけど、「ダメだ、お前わかんないわ」とは言いつつも、どこかしら頷ける部分とかもあったりするからこそ「頑張れよ」っていう気持ちが出てきたのではないかと思います。中井和哉としてもわかる部分ではあります(笑)



――以前と出演して頂いたときと比べて、「白雪姫」の王子様のギャップや新しい一面がございましたらお教え下さい。



中井 : 性分として、ツッコミの人なんだなというのは以前からあったんですが、単に会話のテンポの中でツッコむというだけでなく、今回は世話焼き的な気質が表に出てきていた気がしました。ちゃんと周りの事を見てる人なんだなっていうのは、今回初めて思いましたね。



――ファンの皆様へのメッセージをお願いします。



中井 : 「王子様(笑)シリーズ」を気に入ってくださっている方には、十二分に楽しんで頂ける、「お待たせしました!」という感じの長編ドラマになっています。まだ全然知らないという方には、「王子様」というキラキラした感じの言葉を掲げてはいますが、基本的にはそういうイメージを借りつつ、男のダメな部分とか「ホントにこういうところ、どうにかした方がいいよね」という、弱い部分を抱えているやつらが、「それでも一生懸命やってるんだ」「男ってバカでしょ? でもちょっと可愛いでしょ?」っていうところを楽しんでもらいたいですね。是非これを聴いて、心優しい寛容な女性になって頂ければと思います。



――ありがとうございました。
「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD ~王子様と眠れる森~
2010年10月27日発売予定
定価:2,625円(税込)
発売元・販売元:フロンティアワークス 
発売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント


<キャスト>
「いばら姫」の王子様:小野坂昌也
「白雪姫」の王子様:中井和哉
「竹取物語」の王子様:置鮎龍太郎
「源氏物語」の王子様:吉野裕行
従者:竹本英史



<あらすじ>
例のごとく、森をさまよう「白雪姫」の王子様。
その森の中で、モンスターと戦う赤い髪の男と出会う。
彼はとある王国の第1王子で、この森に眠る伝説の姫を助けに来たという。
何故か彼を手伝うことになった「白雪姫」の王子様、「竹取物語」の王子様、「源氏物語」の王子様。
彼らの前にはファンタジーRPGに登場するようなモンスターたちが迫り来る。
繰り出される剣撃、飛び交う魔法の数々――。
果たして王子様は古城に眠る姫君の元にたどり着き、エンデイングを迎えることができるのか!?



<連動購入応募特典>
ドラマCD 第3弾「~王子様と眠れる森~」(FCCN-0075)・第4弾「タイトル未定」(FCCN-0077)登場キャラクター(8人の王子様)によるスペシャル読み語りCD(新キャラクターがメインとなる読み語りCD)



「王子様(笑)シリーズ」特設サイト 
(C)フロンティアワークス

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください