ゲーム

映画『乱暴と待機』インタビュー特集 番上あずさ役の小池栄子さんにいろいろと聞いてきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いよいよ10月9日(土)から公開となる映画『乱暴と待機』。本作の”ある意味”中心人物である、あずさ役を演じた小池栄子さんに、実際のところ撮影現場はどうだったのかを聞いてきました! 




編集部:今日は小池さんのインタビューということで、ここに来る前に集部スタッフ全員で、小池さんが出演された作品を観よう!と2LDK』『接吻』『乱暴と待機』を続けて拝見していました。
本当に小池さんの演技は最高ですね。凄かったです。



小池さん:またキツイものを(笑)



編集部:編集部のスタッフ一同から小池さんに「がんばってください」とお伝えくださいということでした。



小池さん:ありがとうございます!頑張ります!



編集部:さて、10月9日から公開の『乱暴と待機』についていろいろとお話しを伺いたいのですが、小池さんは今までいろんな監督とお仕事をされてきましたが、今回、冨永監督とお仕事をされていかがでしたか?




小池さん:今まで接した監督さんよりも”役者さんっぽい”というか同業者というか、”掴めない”感じがすごくありました。 何を思って今これをおっしゃっているんだろうとか、何故今こういう撮り方をするんだろう、何故こういう演技指導になるんだろうとか、全然仕上がりの予想がつかなくて。 でも、完成した作品を観ると、監督の頭の中ではこう組み立てられていたんだというのが分かって、すごく面白い方だなと思いました。
自分の頭の中を見せない方というか、何かを聞いても「フフッ」て笑って、「楽しみにしていてね」的な含み笑いが返ってくる感じで。



編集部:イタズラされている感じですか?



小池さん:監督の手の中でコロコロコロっと転がされている感じはありました(笑)



編集部:今回、小池さんが演じている「番上あずさ」というキャラクターについて、監督からこんな演技をしてほしいというイメージや演技指導はあったんですか?



小池さん:滑舌よく声を張るのは嘘っぽいので、あんまり声を張らないでくれと言われました。あと、最初に本読みをした時に、”ギャルっぽく”とおっしゃっていました。元々、監督が求めていた「あずさ」はもう少しバカっぽい軽い感じの女の子だと思うんですけど、あまり私の中にそういう、いわゆる”ギャルっぽさ”というものがなくて。意識して本読みをしてみるんだけれども何かしっくりいかず・・・。
撮影初日に(私が)考えてきたものを演じてみたら、「やっぱり違うなしょうがないか」と思ってOKしたのか、こういう「あずさ」もアリだなと思っていただけたのか分からないですけど(笑) 撮影は予定通り始まりました。



編集部:この『乱暴と待機』には浅野忠信さん演じる山根英則、美波さん演じる緒川奈々瀬、山田孝之さん演じる番上貴男と、実力のある俳優さんが”とんでもなく濃いキャラクター”で登場しますが、この3人と一緒に演技をするにあたって”良い意味での”プレッシャーってありましたか?




小池さん:大抵の場合、私は存在感的に強く見られることが多いんですけど、今回は「わたし薄っ!」って思いました(笑) 美波さんが発するオーラだったり、浅野さんの放つものだったり。山田さんも普通っぽく見えるんですけどやはり凄い人で。本当に(この現場は)怖いな~と思いました。呑まれていく感じはありましたね。
考えるのは止めよう、誰かとバランスをとろうなんて考えないで、私は「あずさ」を演じることだけに専念しようと。でないとこのパワーに呑みこまれてしまうと思いました。



編集部:映画を拝見していると、さきほどおっしゃったようなプレッシャーもありつつ、その一方で演じていて楽しかったんじゃないかと思いましたが。



小池さん:演じていて楽しかったですけど、正直、不安でもありました。「これで大丈夫なのかな」とか、ちゃんと自分で(役を)掴めてるのかどうか不安になるときもあったりして。
でも、自分の手応えよりも監督が感じる手応えのほうが確かだろうと思って、今の演技は良かった悪かったとかあまり難しく考えないようにして、時には”身を委ねて”みるのもいいんじゃないか、大事なんじゃないかと思って監督に身を委ねました。



編集部:小池さんが撮影中に思っていたものとは違うかたちで出演シーンが編集されていたり、思ってもいなかった使い方をされていたりとかはありましたか?



小池さん:本当に失礼な言い方かもしれないんですけど(笑) (完成した本篇を見て)「ちゃんとしてる!」と思いました!「監督を信頼してよかった」という感じで、これがいわゆる”冨永ワールド”なんだなと。ここはゆったり見せるんだとか、ここはサクサクっといくんだとか 自分が今まで仕事をしてきた監督とは違う撮り方だったりとか、とにかく面白かったです。



編集部:作品中で一番好きなシーンなんですが、登場人物全員でボードゲームをやっているシーン。あそこは最高でした。前後がつながっているようで つながっていないような(笑)




小池さん:あのシーンはいいですね。みんな同時にしゃべらせるというのが面白くて。「その人が言ってることが聞こえなくてもいいんだよ」という監督のある意味”乱暴”なスタンスがよかったです。
普通、しゃべっている人の声を拾わないといけないじゃないですか。でも、観ている人が、自分から”スクリーンに耳を近づける”ような、「今、奈々瀬なんて言った??」みたいな。監督の”媚びない演出”はあのシーンから凄く感じました。音声さんは大変だったかもしれませんけど(笑)



編集部:言葉のやりとりに立体感があるような。



小池さん:日常生活ってこんなやりとりの繰り返しだな~と思うし、誰かがしゃべり終わるのを待ってから話す、というのは普通あり得ないですし。会話の途中で他の会話が割り込んでくるという演出をやってしまうところが(冨永監督は)正直な人だなと思いました。



編集部:先程おっしゃった、監督の演出に”身を委ねようと”心を決めるまでどのくらいかかり ましたか?




小池さん:すぐでした。撮影中、監督もウヒウヒ笑いながら演出しているんですけど、「絶対にこの方はコレというしっかりしたものを持っているな」というのが話していると分かって。笑いながらも「無理なものは無理」って言うタイプの人間なんです、きっと冨永監督は。



編集部:監督が小池さんから 演技・キャラクターを引きだすような感じですか?



小池さん:監督にしか見えていない小池栄子の魅力というもの、私が気づいていないものを見てくれていると信じていたので、早い段階で信頼関係が築けて委ねようという気になりました。



編集部: 本当に可笑しなシーンが満載なんですが、演技をしている途中で笑ってしまったこととかはありましたか?



小池さん:浅野さんが演じる「山根」のしゃべり方や淡々としているところ。「あずさ」が
「山根」にしゃべっても一人で話しているように空しくなってしまうのが面白かったです。打っても響かないというか、響いているのかもしれないけれども、彼と接すれば接するほど疎外感を感じていくんです。この「あずさ」と他の3人の温度差ってなんだろうとか、私が一生懸命やっているのにこの人たちは何なんだろうというのがあって、悔しかったりするし、笑ってしまうところでもありました。



編集部: 「あずさ」というキャラクターは他の3人の母親みたいな感じがしました。



小池さん:先に3人の子供を見せられてしまうと、子供になりたくてももうなれないというか、「あ!しまった出遅れた」みたいな悔しさがありましたね(笑) 「わたしはこうなのよ!」って言っている「あずさ」には全然3人が”のっかってこない感”というのが、お芝居をしながらすごくありました。
見ているものが全然違う、旦那の「番上」ですら違うという。孤独でした・・・。



編集部:この作品は、仕事で観ていることを忘れてしまうくらい笑えました 。「あずさ」の”周りとのかみ合わない 感”が観ていて爆笑に次ぐ 爆笑で。




小池さん:浅野さんも美波さんも山田さんも「わが道を行く」って感じですよね。でも私はデビューしてからしばらく(周りから自分が)どう見られるかとか、レールを踏み外さないで出来るだけ失敗しないでいきたいという気持があったんです。だから3人を目の前にした時、何か優等生ぶっている娘が芸術家の中に放り込まれたような、あれ?私、ちょっとちがうな~みたいな(笑) 今思うとそれを初日の現場で感じたんだと思います。でも、それがうまくこの「あずさ」というキャラクターに合致したんだと思います。



編集部:今のお話を聞くと、よくわかるような気がします。



小池さん:いかに私が心細かったか(笑) それを感じながら観てほしいですね。



編集部:この役を小池さんにオファーした理由とか説明は冨永監督からありましたか ?


小池さん:特に聞いていないです。逆に聞いてみたいですね。



編集部:実際の小池さんと役柄が合致していると思われていたんですかね。



小池さん:(私が)真面目な人なんだろうなというのは見抜かれていたかもしれませんね。だからこの3人のキャストと合わせた時の”空振り感”が監督の想像通りにいったのかもしれません。




編集部:少し話が変わりますが、デビューされてから小池さんは怖い感じのキャラクターを演じられてきたと思うのですが、 『接吻』とこの『乱暴と待機』を拝見すると、同じようなキャラクターを演じているようでいて演技に”幅”というか”使い分け”が出来るようになっていて凄い!と思いました。
私の勝手な想像なのかもしれませんが、小池さんの内面でもいろいろと努力されたり葛藤されたりした と思うんですが、いつ頃からキャラクターを使いこなす”自信”みたいなものがついてきたんでしょうか?



小池さん:いまでもないです。そこに変化が加わったことすら自覚できてないですし。内面は脆いんだけれども強い女という役が多かったので、どうやって変化をつけていくかは常に課題ですね。
自分のことって冷静にみれないのかもしれません。同じ様な印象をお客さんに与えないようにするために、どうすればいいんだろうと思って自分でやってみるんだけれども、結局自分が演じていると「また同じ感じ」って思われちゃったんじゃないかな?という不安が最初にくるし、似たような役柄がくるとせっかくいただいたお話しでも、やっぱり私ってこういう風に思われてるのかなと思って。
目が大きいことって良いこともあるけれども悪いこともあって。昔、私はそんなに睨んでいるつもりがないのに強く映るということを「ほら自分で見てみろ」ってモニターを見せられたことがあるんです。「お前は目が強いからすごく訴えているように見えたりする。自分の目がどう見えているのかをもっと理解して芝居をしないと変わらない」と言われました。
同じような感じだと思われたくないから自分も努力するし、監督にもそれを引きだして欲しいって本読みの時にお願いしたりしました。監督は笑っていましたけど、もしかしたらそれをちゃんと聞いていてくれて、こういう風に言ったら変化をつけられるんじゃないかと協力してくれたのかもしれません。けれども、どうすればいいのかは今でもやっぱり分からないですね。



編集部:女性として見た時、この「あずさ」という役柄はいかがでしたか?



小池さん:劇中では奈々瀬に負けていますけど(笑) あずさ可愛い!というか。



編集部:実際にこの「あずさ」がいたら、相当いい女ですよね!



小池さん:包容力がありますしね。



編集部: 冒頭のシーンで全くやる気が感じられない旦那に対しても優しくて(笑)




小池さん:追い詰めないで、ちゃんと逃げ場を作ってあげられる奥さんだと思います。結局、惚れちゃっているので仕方がないですよね。



編集部:本当に可愛らしい女性ですよね。



小池さん:冨永監督も「あずさ」という役はとっても可愛いと思う役だからとおっしゃっていましたし、自分が演じ終わった後もちゃんとそれを崩さないで「あずさ可愛かった」と言ってもらえることを目標にしていました。



編集部:全身全霊を使って、自分の大切なものを一生懸命守ろうとする姿が本当によかったです。”あざとさ”も含めて(笑)



小池さん:女性の感性ではない男性が見て可愛いと思う部分とか、そこが面白いですよね。



編集部:最後に、小池さんの目線でこの作品のどこを観てほしいかお願いします。



小池さん:あずさちゃんの気の小さいところを楽しんで欲しいですね。そこが彼女のチャームポイントなので。



編集部:女性の観客の方にもそう言ってもらえるといいですよね。



小池さん:でも、今こうやって話をしていると、観た女性に「あずさちゃん可愛い!可愛い!」って言われれば言われるほど、卑屈になっていくような気もします(笑) なんか同情されるのは嫌だ!みたいな。そういう思いも話しているうちにでてきましたね・・・「ほっといてくれ」ってことで(笑)



編集部:わかりました(笑) ありがとうございました。


過去の関連記事>>
映画『乱暴と待機』インタビュー特集 奈々瀬役 美波さんにいろいろと聞いてきました!
10月公開 映画『乱暴と待機』特別鑑賞券 売れ行き絶好調!
映画『乱暴と待機』×相対性理論×大谷能生 巷を騒がすあの主題歌の発売日と映画公開日が決まった様子

『乱暴と待機』 10月9日より公開



<ストーリー>

木造平屋建てが連なる市営住宅。“兄妹”でもないのに、2段ベッドが据えられた狭い部屋で暮らす英則と奈々瀬。その近所に引っ越してきた番上と妊娠中の妻・あずさ。挙動不審な奈々瀬に興味を持った番上は、言葉巧みに奈々瀬を誘い、乱れる。夫と奈々瀬の浮気現場を見つけたあずさは、包丁を片手に暴れる。人に嫌われないように怯えて暮らす奈々瀬は、今日もスウェット姿で“お兄ちゃん”が“復讐”を思いつくのを待つ。毎夜、天井裏から奈々瀬の姿を覗きながら、英則は“この世で一番凄い復讐”の機会をうかがう。“覗く・覗かせる”関係に変化が訪れたとき、英則と奈々瀬は語る。「・・・俺と離れたくないか?」「・・・めんどくさくても大丈夫、って言われたかったですよあたしは!」二人が見つけた“絆”とは―

<出演>
浅野忠信
美波
小池栄子
山田孝之
<スタッフ>
監督・脚本・編集:冨永昌敬
原作:本谷有希子「乱暴と待機」メディアファクトリーダ・ヴィンチブックス刊
製作:『乱暴と待機』製作委員会(メディアファクトリー、キングレコード、ショウゲート、ソニー・ミュージックコミュニケーションズ)
配給:メディアファクトリー、ショウゲート
宣伝協力:アニープラネット
2010/日本/カラー/ヴィスタ/DTSステレオ/97分/PG-12
[公式HP
 (c)2010『乱暴と待機』製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください