映画
アニメ

Wii『イケニエノヨル』 公式サイトにて「ホラーノベル」最終話を掲載 / “レッド”と“ピンク”を襲った“呪い”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LOGO.jpg



マーベラスエンターテイメントから発売中のWii用ソフト『イケニエノヨル』。公式サイトが更新され、本日、公式サイトが更新され、ホラーノベル“最終話「儀」”が掲載された。

「俊夫」と「涼子」というダブル主人公により、ゲームの本編より二十年以上前の1985年の憑夜見渓谷での惨劇が描かれるホラーノベル「憑夜見渓谷奇譚」。昨年12月に連載開始いたしましたこの物語、ついに完結となる。

~これまでのあらすじ~

久しぶりに再会した幼なじみの三人、俊夫、涼子、信彦。
再会を喜ぶ間もなく、憑夜見渓谷全体を覆う不気味な気配や
大人たちの怪しい言動に恐怖を感じはじめる俊夫。

涼子のことを我がものにしようとした信彦が、
涼子を守ろうとする大人たちの手で残虐に裁かれた。

それを目の当たりにした俊夫は、涼子を連れて
渓谷から脱出することを決意する。

俊夫と涼子を待ち受ける、哀しく恐ろしい結末とは。
大人たちが固執する「儀式」とは、「ツクヨミ」とは、一体何なのか。


なお、最終話「儀」には、暴力シーンやグロテスクな表現が多分に含まれているので、そのような表現が苦手な方は、閲覧に注意してほしい。


“レッド”と“ピンク”を襲った“呪い”とは?

01.jpg
大学生の仲間5人。ブルー、レッド、イエロー、ピンク、ブラック。
憑夜見渓谷にやってくるまでは、ごく普通の、友達だった。それなのに。

02.jpg
“呪い”を受けてしまったのか、明らかに様子がおかしいレッドとピンク。
二人を元に戻すことは、もうできないのか!?

04.jpg
いつも強気だったレッドからのメール。
人が変わったような、弱々しい文言がつづられている。

05.jpg
「こんな姿になっちゃって・・・ごめんね。」
ピンクの、あきらめのような感情が込められた台詞。

06.jpg
ブラックからイエローに投げかけられた
「ピンクがどんな思いで生贄になったのか、おまえにはわかるか?」
という台詞。物語の核心に迫る一言。

07.jpg
ブラックがチェーンソーを持って、ピンクに襲い掛かっている!
一体、なぜこんなことに?

イケニエノヨル 公式サイト
http://www.mmv.co.jp/special/game/wii/ikenie/

『イケニエノヨル』
機種:Wii
発売予定日:2011年3月24日(木)
希望小売価格:6,090円(税込)
ジャンル:呪いのゲーム
プレイ人数:1~2人
対応周辺機器:バランスWiiボード
CERO:C(15歳以上対象)
先着購入特典:呪い除け御守りストラップ(疋田紗也パワー入り)
発売:マーベラスエンターテイメント

(C)2011 Marvelous Entertainment Inc.




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください