『風の色』初日舞台挨拶、古川雄輝×Mr.マリックがマジック生披露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


『猟奇的な彼女』、『僕の彼女はサイボーグ』などのヒット作で知られるクァク・ジェヨン監督による日韓合作映画『風の色』が本日1月26日(金)から公開がスタートした。

今回、初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ日本橋にて開催され、主演の古川雄輝、ヒロインの藤井武美、マジック監修を務めたMr.マリックが登壇した。

本作は流氷の北海道・知床と東京を舞台に、同じ容姿の2組の男女が織りなすラブストーリー。劇中で古川は天才マジシャン・隆とマジシャンを志す青年・涼の1人2役を演じている。

満席の会場を見ながら古川は「こんなに沢山の方々に来て頂けてビックリして動揺しています。この映画を撮影したのは約3年前になります。やっと皆さんに観て頂けるので本当に嬉しく思っています。」と笑顔で挨拶した。さらに「今まで出演した作品の中で断トツで過酷で大変な現場でした。本物の氷水に入ったり、流氷脱出マジックで水のなかに入ったり、本当に過酷でした。主演をやらせて頂いたというのもありますが、今でも『風の色』の現場を思い出すので、本当に思い入れのある作品です。」と感慨深げに当時を振り返った。

約1万人の中からオーディションでヒロイン役を掴んだ藤井は「クァク・ジェヨン監督の作品が前から大好きだったので、『このオーディションは勝ち取るしかない』と無我夢中でオーディション臨みました。」と当時の心境を明かした。また、撮影時を振り返り「今回は泣くシーンがとても多くて。泣く必要のないシーンでも感情が溢れてしまい、涙が出そうになったとき、クァク監督が『自分で涙をコントロールをこれから出来るようになるといいね』とアドバイスを頂きました。」と語った。

またイベントでは、マリックがこの日のために考案したというロープマジックを生披露した。“究極のラブストーリー”である本作にちなみ、恋人をつなぐ運命の赤い糸に見立てた赤いロープが用意され、古川がその真ん中にハサミを入れロープを半分に。

2つに分かれたロープをマリックが結び、コップ入れる。そこに古川と藤井が手をかざし「愛のパワー」を注入。マリックが「キテます?」と聞くと、2人も思わず声を揃えて「キテます!」と返答。

最後は「3、2、1」の掛け声で古川がロープを宙に飛ばすと、元通りの1本のロープに。目の前で見ていた古川も「正直、僕もどうやったのかわからない」と言うと、マリックは「愛のパワーですね!」とキメのコメントをすると会場からは拍手が巻き起こった。

『風の色』
2018年1月26日(金)TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー!
(C)「風の色」製作委員会
公式URL:http://kaze-iro.jp

Amazon商品ページ:風の色 (講談社文庫)

Amazon商品ページ:古川雄輝 2018年 カレンダー 卓上 A5 CL-305

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください