映画

キャスリン・ビグロー最新作『デトロイト』戦慄の一夜に迫る特別映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


1967年アメリカ史上最大級の“暴動”の最中に起こった“戦慄の一夜”の事件を描いた映画『デトロイト』が2018年1月26日(金)より全国公開となる。

今回、『デトロイト』が描く歴史の闇に眠っていた“戦慄の一夜”に迫る特別映像が解禁された。デトロイト暴動発生から半世紀、今も変わらないアメリカの今を照射し、未来はあるのかと問いかける衝撃的な内容となっている。

キャスリン・ビグロー監督は、「1967年に暴動が起きたのは、怒りが高まった結果だった」と分析する。暴動発生時のデトロイトは、黒人に対する差別や格差が蔓延しており、一触即発の状況だった。市民の緊張は高まり、まさに爆発寸前だった。そして、デトロイト暴動発生から3日目の夜、銃声の報を受けて現場に急行した白人警官たちは、アルジェ・モーテルに居合わせた若者たち8人全員を容疑者と断定し、暴力的な強制尋問を始める。

67年当時、デトロイト市民の約4割が黒人だったにも関わらず、街を守る警察官の95パーセントは白人が占めていた。「アルジェ・モーテル事件」を主導したのは、「街は戦場と化し、破壊されています」と上司に詰め寄る白人警官クラウス(ウィル・ポールター)だった。差別主義者のこの警官は、「バカなことはするなよ」と若者たちを威圧し、目を覆いたくなるような暴力的で理不尽な尋問を続けた。その後、死亡者まで出したこの不法尋問を隠蔽するためにクラウスは、「このことを誰にも話すな」と口止めし現場を後にする。

「アルジェ・モーテルで3人の黒人が警官に射殺された」と証言するのは、現在のデトロイト市警署長のジェームズ・クレイグだ。映画『デトロイト』は、「これは変えられない歴史だ。だが、今は1967年ではない。警察官には必見の映画だ。過去の間違いを知り、今を語る必要がある。」と、今も変わらずに行われている白人警官による黒人への暴力事件を踏まえ、そこから前に進むためには警察官だからこそ本作を観る意義があると断言する。

キャスリン・ビグロー監督は、「この映画をきっかけに議論が起きてほしい」と希望を込める。今も根強く残る白人による黒人蔑視の風潮を象徴するのが、1月20日に大統領就任1年を迎えたトランプ米大統領。白人至上主義とも受け取られかねない発言も多く、人種差別問題をめぐってNFLのスタープレーヤーたちが国歌斉唱を拒否したことは記憶に新しい。また白人警官による黒人への暴力も後を絶たない。

【ストーリー】
1967年、米史上最大級の暴動勃発。
街が戦場と化すなかで起きた“戦慄の一夜”
1967年7月、暴動発生から3日目の夜、若い黒人客たちで賑わうアルジェ・モーテルに、銃声を聞いたとの通報を受けた大勢の警官と州兵が殺到した。そこで警官たちが、偶然モーテルに居合わせた若者へ暴力的な尋問を開始。やがて、それは異常な“死のゲーム”へと発展し、新たな惨劇を招き寄せていくのだった…。

『デトロイト』
2018年1月26日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国公開
配給:ロングライド
(C) 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://www.longride.jp/detroit/

Amazon商品ページ:ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス [Blu-ray]

Amazon商品ページ:ハート・ロッカー Blu-ray

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください