映画
アニメ

『ダークタワー』公開直前イベント実施!柳沢慎吾が壮絶な対決を“ひとりダークタワー”で完全再現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


スティーヴン・キング原作の映画『ダークタワー』が1月27日から全国ロードショーする。

今回、公開直前イベント行われゲストに柳沢慎吾が登場し本作をPRした。

本作は、異次元の世界を舞台に、世界の調和を保つタワーを守る伝説の拳銃使い“ガンスリンガー”と崩壊を目論む“黒衣の男”との壮絶なアクションが繰り広げられる超大作。『IT』『シャイニング』『キャリー』『スタンド・バイ・ミー』など、自身の小説が次々と名作映画として実写化されるベストセラー作家スティーヴン・キングが、1970年代から継続的に執筆し、完成まで実に30年もの月日を費やした“作家人生の集大成”ともいえる「ダークタワー」シリーズ待望の映画化となる。

MCの呼びかけにより、黒のマントに身を包み、姿を現した柳沢は、「ハッ!ハッ!ハッ!世界は私のものだ!」と、本作で世界の崩壊を目論む悪役“黒衣の男”をイメージして高笑いで入場。会場がその異様な様子にざわついたのも束の間、突如マントを脱ぎ捨てた柳沢はその下に着込んでいた主人公ガンスリンガーのコスプレ姿を披露しつつ、「我は塔を守る者、伝説の拳銃使い、ガンスリンガーだ!」と声高らかに宣言すると、本作で描かれる<塔を守るガンスリンガー>と<塔を破壊する魔術師・黒衣の男>との一騎打ちを、拳銃の弾とその効果音も含め“一人四役”で熱演。劇中さながら(?)の壮絶なガンアクションをみせる柳沢に会場からは大爆笑が巻き起こった。

さらにMCから巧みな拳銃さばきを絶賛された柳沢は「劇中のガンアクションは迫力がありましたよね!実は昔、竹内力さんと共演した『ブローバック』というVシネマで二丁拳銃をつかったガンアクションをやったことがあるんですよ。それで今日は火がつきました」と、二丁拳銃に関する自身のエピソードを明かす。主人公ガンスリンガーについて「高速ガンアクションは凄いですね!僕がスピーディーにできるのはパトカーの接触灯くらいですね」と、自身の持ちネタと絡めながらキャラクターの魅力を説明し、集まったマスコミ陣に“パトカーの接触灯の回転”とサイレンの音のお馴染みのネタをレクチャーする爆笑の一幕もあった。

さらにイベントでは<世界の均衡を保つ巨大な塔“ダークタワー”が崩れると世界が終焉する>という本作の設定にちなみ、黒く高くそびえたった巨大ジェンガが登場。柳沢が『ダークタワー』にちなんだ質問が書かれた柱から3本抜き、“タワーを壊さずに答え続けることができるのか”挑戦。まずマジシャンのようなアピールで一本の柱を引き抜き[ズバリ!柳沢さんの宿敵は?]という質問が。それに対して、柳沢は“中井貴一”と即答。「彼とは同い年で、いつも落ち着いているんですよ。あの落ち着き方には憧れますね」と、“宿敵”中井貴一のモノマネをしながら彼とのエピソードを語り会場を沸かせる。続いて[柳沢さんの日々の平和を保っているものは?]という質問にも「睡眠ですね」と即答。あまりの普通の回答に静まり返った会場を前にした柳沢は「なんですかこの沈黙は!?」と不満を漏らし、さらに会場を沸かせる。[ガンスリンガーのような正義のヒーローには、やはり憧れますか?]という質問には「もちろん!これからはアクションスターとして、シリアスなガンアクションシーンに挑戦したいですね!」と、面白すぎて2回観たという本作の壮絶なアクションに影響を受け、アクションスター宣言も飛びだした。

見事、タワーを崩さずに答え続けた柳沢は、本作で早くも注目を集める“リロードアクション”にかけ今年の抱負を聞かれ、「何もないです!現状維持です!」と意外な回答を披露。最後は「いい夢見ろよ、あばよ!」とお決まりのセリフを残し、会場が爆笑の渦に包まれるなかイベントは終了した。

『ダークタワー』
2018年1月27日(土)全国公開
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:http://www.dark-tower.jp/

Amazon商品ページ:ダークタワー I ガンスリンガー (角川文庫)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください