『スター・ウォーズ/最後​のジェダイ』、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが来日決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


全人類が待ち望んだ、映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。最新作となる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、12月15日(金)から公開となる。

今回、ライアン・ジョンソン監督をはじめ、レイ役のデイジー・リドリーとカイロ・レン役のアダム・ドライバー、そしてルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルの来日が決定!




「フォースの覚醒」で“フォースを覚醒させた”レイ、“ダース・ベイダーの意志を継ぐ決意をした”カイロ・レン、そして“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカー。前作でレイがルークにライトセーバーを渡した衝撃のラストの直後から本作は描かれる。レイは内なる強大なフォースを覚醒させながら、その理由も使い方がわからずに行き場を失い、カイロ・レンは父ハン・ソロを手にかけてもなお“闇”に落ちきれず母レイアの命までも奪おうとする。“光”と“闇”の間で揺れ動く2人を待ち受ける“衝撃の運命、そしてついに姿を現した伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーはこの物語に何をもたらすのか?

デイジー・リドリーとアダム・ドライバーは「フォースの覚醒」以来、約2年ぶりの来日。マーク・ハミルは映画「スター・ウォーズ」シリーズのルークとして39年ぶりの来日となる。(映画のプロモーション以外では、2008年に「スター・ウォーズ セレブレーション・ジャパン」で来日)。マーク・ハミルはルーク・スカイウォーカー役で世界中を虜にし、前作「フォースの覚醒」では約30年ぶりにルークとしてスクリーンに登場。「スター・ウォーズ」シリーズの“象徴”であり本作でも物語のガキを握る最重要人物だ。そしてライアン・ジョンソン監督は「スター・ウォーズ」の新たなる3部作の監督と脚本を務めることが発表されたばかり。今後ますます進化していく「スター・ウォーズ」を担っていく存在なのは間違いないだろう。そしてルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディも来日。彼らはレッド・カーペットイベントや特別映像上映会イベントなど、直接日本のファンと交流する機会があるほか記者会見も予定している。

さらにルークを演じるマーク・ハミルから日本のファンに向けた特別メッセージと新シーンが見られる特別映像も公開された。マークはルークとして来日することについて「日本の皆さん、こんにちは。マーク・ハミルです。『最後のジェダイ』は『フォースの覚醒』のすぐ後の物語を描いています。エキサイティングで素晴らしいこの映画から大きな衝撃を受けるでしょう。東京でお会いするのを楽しみにしています。フォースとともにあらんことを。アリガトウゴザイマス」と喜びの熱いメッセージを寄せた。

そしてマーク・ハミルのメッセージと共に解禁された新映像では新しいシーンも映されている。惑星オクトーに隠れていたルークだが、ついにミレニアム・ファルコン号に乗り込む姿があり、レイあるいはチューバッカやポーグとどこかへ向かうのだろうか。そんなミレニアム・ファルコン号が地上から飛び出してくる様子もあり、ルークはレイやレイアらとジェダイとしてカイロ・レンらファースト・オーダーとの戦いに参加するのかもしれない。だが、倒れているルークに対しライトセーバーを振りかざす“衝撃”のレイの姿も…。すでに解禁となっている日本版予告編では、困惑するレイにカイロ・レンが手を差し出すようなシーンもあったが、レイはダークサイドに落ちてしまうのか?光と闇に揺れ動くレイ、カイロ・レン、そしてルークの運命は?期待が膨らむ新映像となっている。デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、マーク・ハミルは“最後のジェダイ”は一体誰なのか?誰も見たことがない衝撃の「スター・ウォーズ」となる最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日(金)より公開となる。



『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金) 公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
公式HP:http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html


Amazon商品ページ:スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください