映画『鉄男 THE BULLET MAN』DVD&Blu-ray発売記念「鉄男全作一挙上映」が爆音開催されました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 






11/3、日本最高の音響を誇る立川シネマシティにて、映画『鉄男 THE BULLET MAN』DVD&Blu-ray発売記念「鉄男全作一挙上映」イベントが行われた。
会場にはゲストとして塚本晋也監督、エリック・ボシック(『鉄男 THE BULLET MAN』主演)、桃生亜希子(『鉄男 TBM』ヒロイン)、音楽の石川忠、漫画家の深谷陽らがトークショーに登壇した。
今回、世界初!として映画『鉄男 TETSUO』『鉄男 II BODY HAMMER』そして『鉄男 THE BULLET MAN』という豪華3本の映画が爆音で一挙上映されるということで、会場には約300人もの「鉄男」ファンが大集合し、鉄男を3本爆音でイッキ見して具合が悪くならないか心配する塚本監督の一面もあった。




11/4に発売されたDVD&Blu-rayのイチオシポイントは「鉄男がご自宅で見られるということもありますが、特典映像がマルチ・マテリアル・バージョンという非常に今までの特典映像にないものを作り出した」ところだという。この「マルチ・マテリアル・バージョン」とは、本編の音はそのままで、映像を全てメイキングや、絵コンテや、ストーリーボードに差し替えて、本編の音とぴったりシンクロさせている、まさに『鉄男 THE BULLET MAN』の裏バージョンともいえる映像。一体このシーンの裏では何が行われていたのか!?が分かる映像になっており、実際に鉄男を演じたエリック・ボシックも、「この映画はいろいろととても大変でしたが、この特典映像を見ると、こんなに大変な仕事なのか!と分かってもらえると思います。」と絶賛している。「時間をかけてつくりたかった。通常の期間の10倍くらいの時間をかけて撮る分、スタッフをすごく少数精鋭にしてやっています。なので、役者が1つお芝居をする中で周りのスタッフがどれだけ神出鬼没で、演技のまわりでどんなことが起こっているのか、というのを観てもらえると思います。」と語った。マルチ・マテリアル・バージョンの製作を推したプロデューサーは、「塚本監督は「無」のところから全てを生み出すんです。そういった意味では錬金術師みたいな監督なんです。塚本マジックの秘密が垣間見られるという特典映像をつくるのが今回のテーマだったので是非見てもらえたらと思います。」と自信を持って薦めていた。また、塚本監督の中でのイチオシポイントはもう1つあり、「劇場版ではエンディングテーマがナイン・インチ・ネイルズバージョンなのですが、スイッチで切り替えると、石川忠さんバージョンのエンディング音楽も聴けるんです。これが僕としてはかなり画期的なDVD&Blu-rayだなと思っています。最初、2枚組みにすると言われたときに特典映像じゃなくて、「石川さんバージョン」と「ナイン・インチバージョン」の2枚組みで良いですよと言ったくらいなんですが、スイッチの切り替えで出来ちゃうということで、そこが素晴らしいですね。」と映像のみならず音楽にまでこだわりをみせる監督ならではのイチオシポイントを教えてくれた。
『鉄男 THE BULLET MAN』は、『チェ』やスティーブン・ソダーバーグの映画など良質な作品を全世界に配給しているアメリカのIFCという会社で買い付けられ、来年からアメリカでの公開が決定している。そして何と、今回『鉄男THE BULLET MAN』だけでなく、『鉄男Ⅱ BODY HAMMER』も買い付けられ、さらに現在は『鉄男 TETSUO』の契約も結ばれようとしており、『鉄男 THEU BULLET MAN』をメインとした3本をアメリカで2011年に公開したいという野望を持っているという話が判明した。更に、11月12日からはなんと『鉄男 THE BULLET MAN』の漫画化も決定し、月刊コミックビーム(エンターブレイン刊)で来年の8月まで連載が続く。アメコミ風の画で鉄男の世界観を表した今回のコミック作品。今まで過去に数々のコミック化オファーがあったが、実現にはいたらなかった。がしかし、今回塚本監督のハートを射止めたのは『鉄男Ⅱ BODY HAMMER』に造形スタッフとして参加していたコミック界の異才:深谷陽氏だ。監督からの絶大な信頼を寄せた深谷氏の漫画にも期待が高まる。今回DVDが発売となり、2008年から続いた鉄男の旅も終わりかと思われた今、鉄男はまだまだこれからも日本のみならず、全世界に向けて大暴れするようだ。『鉄男 THE BULLET MAN』パーフェクト・エディションのDVD&ブルーレイはハピネットから発売中(DVD:税込4,935円、ブルーレイ:税込6,090円)
『鉄男 THE BULLET MAN』発売情報



DVD『鉄男 THE BULLET MAN』【2枚組 パーフェクト・エディション】
品番:BBBJ-8631/価格:¥4,935(税込)片面1層/
①英語 DolbyDigital 5.1ch ②英語 DolbyDigital 5.1ch (アナザーエンドロールVer.)
日本語字幕 16:9 ヴィスタサイズ スクイーズ収録
Blu-ray『鉄男 THE BULLET MAN』【パーフェクト・エディション Blu-ray】
品番:BBXJ-2005/価格:¥6,090(税込)片面 2層/
①英語 DolbyTrueHD 5.1ch ②英語 DolbyTrueHD 5.1ch (アナザーエンドロールVer.)
日本語/HDワイドスクリーン(1.66:1)
【DVD&Blu-ray映像特典】
かつてない本編ボーナスヴァージョン収録
①鉄男 THE BULLET MAN  【マルチ・マテリアル・ヴァージョン】(71分)
 ストーリーボード、イメージボード、メイキング、シューティング・フォト・・・
 あらゆる「マテリアル」を駆使し、本編音声をそのまま活かして再構成。
 本編と同じ収録時間で編集したまったく別ヴィジュアルのヴァージョン!
②石川忠作曲・幻の≪別エンディングテーマ≫ヴァージョン
③予告編
【DVD&Blu-ray外装特典】
特製≪鋼鉄≫スリーブ (初回生産限定)
発売:アスミック 販売:ハピネット
*特典内容・仕様などは変更になる可能性がございます。

レンタル情報
DVD『鉄男 THE BULLET MAN』
品番: ACBR-10825/片面1層/①英語 DolbyDigital 5.1ch/
日本語字幕 16:9 ヴィスタサイズ スクイーズ収録
※レンタルDVDには特典映像はついておりません。
発売:アスミック 販売:角川映画
*特典内容・仕様などは変更になる可能性がございます。
出演:
エリック・ボシック、桃生亜希子、中村優子、ステファン・サラザン、塚本晋也
監督・脚本・原作・撮影・美術・特殊造型・編集:塚本晋也
プロデューサー:川原伸一、谷島正之
脚本:黒木久勝/撮影:志田貴之、林啓史/音楽:石川忠/録音:加藤大和
音響効果:北田雅也
エンディング・テーマ
“THEME FOR TETSUO THE BULLET MAN”:ナイン・インチ・ネイルズ
2009年日本/本編 71分/カラー/全編英語/日本語字幕
(c) TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください