映画
アニメ
ゲーム

連続ドラマW 東野圭吾「片想い」完成披露試写会&舞台挨拶レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


原作・東野圭吾 、主演・中谷美紀の「連続ドラマW 東野圭吾『片想い』」がWOWOWプライムにて10月21日(土)よる10時より放送開始となる。

放送に先立ち、第1話の完成披露試写会が開催された。舞台挨拶には、主演の中谷美紀をはじめ、桐谷健太、国仲涼子、大谷亮平、永田琴監督と、豪華メンバーが登壇した。




WOWOWドラマ初出演となる中谷さんは、以前から視聴者として見てきたそうで「憧れのWOWOWのドラマに初めて出演する際は、私自身も心動かされるような作品で…と願っていましたが、東野圭吾さんの衝撃的な作品『片
想い』でお声がけをいただき、光栄でした。難しい役でしたが、だからこそやりがいがありました」と充実した表情。

性同一性障害を抱え、肉体は女性ながら、幼い頃から自分を男と認識して生きてきた美月を演じるにあたり、肉体的、精神的にもかなり準備を重ねたそう。「男性らしさをとにかく追及していきました。隣にいらっしゃる桐谷さんが背も高く、男前の方なので、負けないようにと一生懸命、筋トレをして、ヒレステーキを毎日 2 枚も3枚も食べ、卵も2個、3個と食べてプロテイン(たんぱく質)を増やしました。でも、なかなか難しく、悔しかったです。男になりたいけど、なりきれないもどかしさを常に感じていました。同じ悩みを抱える方々が見て違和感がないようにと繊細に演じたいと思っていました」と振り返る。

桐谷さん演じる哲朗の妻で、国仲涼子さんが演じる理沙子に、男性としてずっと思いを寄せていたという設定だったが「最終目標は国仲さんに惚れさせて、だんな様である向井理さんから奪い取ることだったんですが、残念ながらそこまで至らず…」と語り、会場は笑いに包まれた。

その国仲さんとは第2話で衝撃的なキスシーンが!中谷さんは「ドキドキしながら、報われない想いを克服しようと『奪おう!』という思いでキスしました」と告白。一方の国仲さんは「台本を読んだ時点でドキドキして、『どうやって撮影するんだろう? 受け身なのか? こっちからいくのか?』と当日まで頭がいっぱいでした。女性とのキスシーンは初めてで、緊張しました! 優しさに包み込まれるような感じで…(笑)。いま思い出しても緊張します」と照れくさそうに明かす。実は、女性とのキスシーンはキャリアで3度目だという中谷さんだが「いままでで最も長い、ロマンティックなキスシーンを国仲さんとできて光栄でした」とニッコリ。永田監督は、実際の撮影で、中谷さんと国仲さんのキスは本編で使用されている以上に長く、さらに濃厚だったと暴露! 「(要望があれば)フルバージョンがDVDにつくかも(笑)。最初に打ち合わせをし、(本番は)任せたら素晴らしく、1回でOKでした」と語った。

桐谷さんは、中谷さんとの本格的な共演は今回が初めてだが、男性になるべくトレーニングを積んだ中谷さんに驚かされたという。「本当に体を鍛えられたんだなと感じたのは、第 2 話で(美月に)掴みかかられるシーンがあって、僕は力の差を見せつけてゆっくりと引き離すんですけど、すごい力で『え? これはヤバい!』と思ってグッと力を込めて引き離しました」と述懐。

そんな桐谷さんについて、中谷さんは「すごく不思議な方で、黙っているとものすごいハンサムなんです」と語り、桐谷さんは「黙っとこうかな…」と苦笑。中谷さんは「美しい顔立ちなんですけど、しゃべり始めると面白いので、幅の広い役ができるんですね。すごく助けられましたし、本当の主役は哲朗。哲朗あっての物語になっています」とフォローし、会場は笑いに包まれていた。

大谷さんは、哲朗らの同級生で敏腕の新聞記者を演じたが、ほとんどのシーンが桐谷さんと一緒で、しかもシリアスなシーンばかり。「互いの心の内を探り合ったり、駆け引きしたりばかりだったんですが、桐谷さんは生粋の大阪の方で、僕もそうなので独特の間やテンポが染みついていて、笑いのツボが一緒だったりするんです。一度、真剣なシーンなのに、2 人とも笑いが止まらなくなったことがあって…(苦笑)」と申し訳なさそうに明かした。

またタイトルにかけて「片想いしているもの」を尋ねると、女性陣からはやはり、食べ物の話が…。中谷さんは「糖質および炭水化物に片想いしています! 甘いものが大好きで、うどんや白米も好きなんですが、残念ながらいただけない体で…」と語り、国仲さんは「ラーメンが本当に好きで。3 食ラーメンでもいいくらいで、こってりした油いっぱいにが好きなんですけど、太りやすいのでずっと我慢をしてます」と苦渋の表情で語っていた。

この日は大谷さんの37歳の誕生日ということで、サプライズで中谷さんが花束をプレゼント! 白とグリーンの二色が印象的な花束は、中谷さん自らが選んだもの。「大谷さんが演じる早田は、物語の最後で一番おいしいところさらっていくんです。嫌な役だけど、最後でもしかしていい人? と思わせるようなところがあり、キャラクターの二面性を白とグリーンで表現しました」と明かす。大谷さんは共演シーンが少ないにもかかわらず、現場でも中谷さんから手紙を添えたお菓子の差し入れをもらったと感激。「日本での活動はやっと2年目ですが、いい機会をいただいているので、これからもひとつひとつ、大切にやっていきたいと思います」と抱負を口にした。

最後に中谷さんは「2話以降も東野圭吾さんの作品らしい、めくるめく息もつかせぬ展開が待っています。最後までご覧いただかないとトリックがわからないのでお見逃しなく!」とアピールし、温かい拍手に包まれて舞台挨拶は幕を閉じた。



連続ドラマW 東野圭吾「片想い」
10月21日(土)スタート
毎週土曜 夜10時よりWOWOWプライムにて放送(全6話)[第1話無料放送]
番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/kataomoi/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

片想い (文春文庫) [ 東野圭吾 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/10/2時点)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください