映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。​​』​全米ホラー映画史上No.1の興行収入に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


スティーヴン・キングの傑作ホラーの映画化『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が11月3日(金・祝)に日本で全国公開となる。

本作が公開三週目を迎えはやくも全米ホラー映画史上・興行収入No.1に躍り出た。




9月8日(金)から公開となった全米では公開三週目にして1973年に公開された『エクソシスト』が持つ生涯全米興収2億3290万ドルを軽々と超えてホラー映画史上最高を記録。現在2億6633万ドル(287億6364万円※1)を突破しまだまだ記録を伸ばしている。 ※① 1ドル=108円計算/Box Office Mojo調べ(9月25日時点)

全米の分析では【『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』はレイバー・デイ(9月の第1月曜日)から11月までの期間において史上最高の数字を叩き出しており、10月興収全米史上最高の記録を叩き出した『ゼロ・グラビティ』(累計全米興収2億7400万ドル)を超えるヒット作になる見込みで、全世界興収では、4億4130万ドルを達成した『エクソシスト』には及ばないものの、およそ3億8600万ドルに到達する見込みだ。これはジャンル映画ファンだけに訴求しても望めない数字であり、必ずしもジャンル映画ファンではないその他の大人や、1986年に出版された原作のファンがこぞって見に行っている模様だ】としており、幅広い層に作品が受け入れられている様子がうかがえる。

【ストーリー】
“それ”は、ある日突然現れる。
一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
11月3日(金・祝)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:itthemovie.jp
ハッシュタグ:#イット見えたら終わり

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イット【Blu-ray】 [ ハリー・アンダーソン ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/9/28時点)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください