映画
アニメ

『アナベル 死霊人形の誕生』を含む<死霊館>シリーズ、全世界興収10億ドル突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


大人気「死霊館」シリーズ最新作『アナベル 死霊人形の誕生』が10月13日(金)からロードショーとなる。

■大人気「死霊館」シリーズ、全世界興収10億ドル突破!『アナベル』新作も、7日間で1.1億ドル超えの大ヒット中!

“実在する”呪いの人形<アナベル>誕生の秘密に迫った新作ホラー、『アナベル 死霊人形の誕生』。8月11日より全米公開がスタートすると、並みいる強豪を抑え初登場No.1を飾り、公開から7日間で全世界興行収入1.1億ドルを突破!北米を含む数々のマーケットで1位に躍り出ている。そんな本作を含む大ヒット「死霊館」シリーズが、ついに全世界興行収入10億ドル超えを達成!『死霊館』(2013年)、『アナベル 死霊館の人形』(2015年)、『死霊館 エンフィールド事件』(2016年)、そして新作『アナベル 死霊人形の誕生』と、たった4作で興収10億ドル突破の大ヒットシリーズとなった。ちなみに、世界のホラー映画の興行成績ランキングでは、1位の『エクソシスト』に次いで2位が『死霊館 エンフィールド事件』、3位が『死霊館』、そして『アナベル 死霊館の人形』が8位にランクイン。(BOX OFFICE MOJO調べ)「死霊館」シリーズは現代ホラーの新定番として世界中で支持され、その勢いは増すばかり。

【全世界興行収入10億ドル突破の大ヒット「死霊館」シリーズ】
◆『死霊館』/3億1948万ドル(2013年10月11日 日本公開)
◆『アナベル 死霊館の人形』/2億5704万ドル(2015年2月28日 日本公開)
◆『死霊館 エンフィールド事件』/3億2037万ドル(2016年7月9日 日本公開)

“最恐”シリーズの最新作『アナベル 死霊人形の誕生』では、人形職人夫婦の屋敷を舞台に、シスターと孤児の少女たちが<アナベル>の強力な呪いに脅かされる姿が描かれている。すでに世界で大ヒット公開中の本作は、アメリカとカナダでオープニング1位を記録。さらに、マレーシア、ベトナム、スウェーデン、ポーランド、ポルトガル、チェコ、セルビア、スロバキア、そしてハンガリーで「ホラー映画史上最高のオープニング興行成績」を記録した。そのほか、すでにメキシコ、ブラジル、そしてUAEを含む11のマーケットにのうち、10の国でランキング1位を獲得するなど、世界中で大ヒットを飛ばしている。

なお、「死霊館」シリーズは早くも次回作『ザ・ナン(原題)/ The Nun』の公開が決定し、2018年7月13日に全米公開が発表され話題に。そのほか、「死霊館」のタイトルがついた3作目の映画となる『The Conjuring 3(原題)』、そして『死霊館 エンフィールド事件』に登場するキャラクターに基づいたスピンオフ『The Crooked Man(原題)』も製作段階に進んでおり、“死霊館ユニバース”の人気はさらに拡大していきそうだ。

名実ともに“世界最恐”シリーズの最新作となった『アナベル 死霊人形の誕生』。製作は、『ソウ』『死霊館』から『ワイルド・スピード SKY MISSION』まで手掛ける稀代のヒットメーカー、ジェームズ・ワン。監督は、長編デビュー作『ライト/オフ』が高い評価を集めたデイビッド・F・サンドバーグ。現代ホラー映画の名手たちの超強力タッグによって描き出される、実在の死霊人形<アナベル>の誕生と呪いの起源─。早くも今年No.1ホラーとして君臨する本作は、日本では“10月13日の金曜日”に公開となる。

『アナベル 死霊人形の誕生』
10月13日(金)新宿ピカデリー他ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
公式HP:http://annabelle-creation.jp

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アナベル 死霊館の人形【Blu-ray】 [ アナベル・ウォーリス ]
価格:1200円(税込、送料無料) (2017/8/22時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください