ゲーム

ダグ・リーマン最新作『ザ・ウォール』ポスター&予告編解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


『ボーン・アイデンティティ』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のダグ・リーマン監督の最新作、映画『ザ・ウォール』が9月1日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開する。

■実在したイラク最恐のスナイパー[ジューバ]に挑む超体感型バトルフィールド・スリラー!

本作はイラク戦争時に実在し、37人のアメリカ兵を殺害したイラク最恐のスナイパー“ジューバ”に狙われた主人公が、極限の頭脳戦(ゲーム)に挑む様を描いたバトルフィールド・スリラー。ジューバは当時アメリカ軍兵士を次々と狙撃する動画をインターネットに投稿し、その過激性が注目を集め欧米諸国を震撼させた。イラクでは若者たちからヒーローとして崇められるほど伝説的存在であったが、その後の行方は今もわからず、ISISに殺害されたとの噂もあるが遺体は見つかっていない。謎多き最恐のスナイパー<ジューバ>の狂気と緊迫感溢れる展開で、観る者をスクリーンに引きずり込む超体感型映画が、ついに日本上陸!

この度解禁されたポスタービジュアルは、アーロン・テイラー=ジョンソンが演じるアイザックの泥まみれでありながら決意を込めたような鋭い眼差しで銃を持つ姿からはヒシヒシと緊迫感が伝わると同時に、キャッチコピーの“壁の向こうは、生存確率0%”と、もはや瓦礫のようにしか見えない壁からは絶望感を感じさせる。

さらに予告編では、イラク最恐のスナイパー“ジューバ”と壁一枚を隔てた1対1の極限の対決に追い込まれるアイザックの様子が描かれる。慌てふためくアイザックに「ここには俺とお前だけ」「君を知りたいだけだよ」とゲームを楽しんでいるかのように語りかける“ジューバ”。明らかに狩られる者の立場にいるアイザックが生き残るために下した決断とは!?

メガホンを取るのは『ボーン』シリーズの仕掛人として名を馳せ、『Mr.&Mrs.スミス』や『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でのアクション・ディレクティングが高評価を得ている名匠ダグ・リーマン。2017年にはトム・クルーズと再びタッグを組んだ『American made(原題)』がアメリカ公開を控えるなど、その勢いは留まるところを知らない。主人公アイザックを演じるのは『キック・アス』の主演で注目を集め、その後『GOZILLA ゴジラ』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』など話題作への出演が続く若手注目株のアーロン・テイラー=ジョンソン。今年の秋公開となる『ノクターナル・アニマルズ』ではゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した。本作では最恐のスナイパーに狙われ翻弄される主人公を演じ、高評価を得ている。

また、本作の脚本はまだ映画化されていない良質な脚本をハリウッドの重役たちか毎年選出する、“ハリウッド ザ・ブラックリスト”に選出された1本。近年では『スラムドッグ$ミリオネア』や『アルゴ』、『セッション』、『スポットライト 世紀のスクープ』など、ブラックリスト選出脚本の映画化作品でアカデミー賞を受賞した作品は数知れない。本作もそれらに追随する1本である。

【ストーリー】
2007年、イラク。アメリカ兵のアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は、想定外の場所から突然の銃撃に遭う。マシューズはその場に崩れ落ち、アイザックは瓦礫の壁の背後に命からがら逃げこむ。脚を撃たれ身動きが取れなくなったアイザックは助けを呼ぼうと無線を手にするが、そこから聞こえてきたのは“死神”としてアメリカから恐れられていたスナイパー<ジューバ>の声だった。止まらない脚からの出血、容赦ない日差し、迫り来る喉の渇き…。圧倒的不利な状況で始まった最恐のスナイパーとの頭脳戦(ルビ:ゲーム)に、己の能力フル回転で挑む!はたしてそこに生きて帰る術はあるのか?!

『ザ・ウォール』
9/1(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー!
配給:プレシディオ
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オール・ユー・ニード・イズ・キル【Blu-ray】 [ トム・クルーズ ]
価格:1200円(税込、送料無料) (2017/7/31時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください