映画

ノーラン監督最新作『ダンケルク』、上映時間は“緊迫”の約110分!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


『ダークナイト』トリロジー、『インセプション』、『インターステラー』と、新作が発表される度に世界中を圧倒し続けてきたクリストファー・ノーラン監督が初めて実話に挑んだ最新作『ダンケルク』が、9月9日より日本公開となる。

■ノーラン監督最新作、上映時間は“緊迫”の約110分!

これまでの戦争映画を超えた、まったく新たな映像体験。描かれるのは、相手を打ち負かす「戦い」ではなく、生き残りをかけた「撤退」の物語。容赦なく敵勢が迫るなか、陸海空の3視点で描かれるストーリーが同時に進行する。時間描写において他と一線を画すノーラン監督ならではの緊迫のタイム・サスペンスが、IMAXカメラによる迫力の映像で描かれる。

そしてこの度、ノーランが初めて挑む実話『ダンケルク』の上映時間が、約110分であることがわかった。長尺で知られるノーラン作品では2時間越えが常識。全世界の興行収入が10億ドル(1,200億円)越えを記録したノーラン史上最大のヒット作『ダークナイト』の上映時間は2時間45分。前作『インターステラー』は、2時間49分の上映時間にもかかわらず、全世界の興収は6億ドル(約750億円)を記録している。そして待望の新作『ダンケルク』の上映時間は、前作より約60分も短いのだ。

1940年5月、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の若き兵士たち。刻一刻とドイツ敵軍の攻撃が迫る中、ドーバー海峡に浮かぶすべての船、民間船までも総動員した史上最大の救出作戦が決行される。これまでメジャー大作で語られることのなかったこの実話に挑むノーランは、ダンケルクの浜辺に追いつめられた若き兵士を案内人に、陸海空の3つの視点が同時進行するタイム・サスペンスに挑んだ。

解禁された場面写真が示唆するとおり、いつ始まるか分からない敵軍の猛攻撃に怯える若き兵士のまなざしが切実だ。ただ一人空を見上げている若者の視点の先には、予告編でも紹介されている、爆撃時に警報音を発することで“悪魔のサイレント”と呼ばれて恐れられたドイツ軍の爆撃機が迫る。

猶予ゼロ。砂浜に追いつめられた兵士たちを救うために、最新戦闘機スピットファイアが飛び立ち、海では700隻を超える民間船までもが救出へと向かう。このスリリングでサスペンスフルな描写を、陸海空が同時進行するノーラン自身の緻密な脚本によって映画化。『メメント』『インセプション』『インタテーステラー』など、時間描写で他の追随を許さないノーランが、かつてないタイム・サスペンスを完成させた。

また、IMAX65ミリ・カメラとラージ・フォーマット65ミリ・カメラによる撮影によって、観客は1人の兵士となって、まるで1940年のダンケルクの浜辺にいるかのような体験をすることになる。

全世界が熱狂した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の上映時間は2時間、息詰まる1時間31分の『ゼロ・グラビティ』に続く、“究極の映像体験”となるクリストファー・ノーラン最新作『ダンケルク』。それはきっと、映画館でしか味わえない圧巻の110分となる!

【ストーリー】
残された時間はあと僅か—-[史上最大の救出作戦]
1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏連合軍の40万人。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の救出作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか——。

『ダンケルク』
2017年9月9日(土) 全国公開決定!
(C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.
公式HP:http://dunkirk.jp

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダークナイト【Blu-ray】 [ クリスチャン・ベール ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/6/26時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください