映画
アニメ
ゲーム

『ハクソー・リッジ』待望の日本公開を記念し、本編動画解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


本年度アカデミー賞®2部門受賞&6部門ノミネートされ、各賞34部門受賞、102部門ノミネートされた『ハクソー・リッジ』が、本日より全国公開となる。

■アンドリュー・ガーフィールドがオスカーに認められた渾身の演技を見届けろ!

本日6月24日、待望の日本公開を迎えた『ハクソー・リッジ』から、主人公デズモンド・ドスが、胸に秘めた信念を語る衝撃の本編映動画が解禁された。
良心的兵役協力者として75人もの負傷兵を救出したドスを演じているのは、マーティン・スコセッシ監督作品『沈黙−サイレンス−』で高く評価され、本作の演技で自身初となるアカデミー賞®《主演男優賞》にノミネートを果たしたアンドリュー・ガーフィールド。第2次世界大戦が激化する中、陸軍に志願したドスが、「武器を持たない」ことを宣言し、命令拒否者として軍事裁判にかけられる衝撃シーン。アンドリュー渾身の演技が堪能できる本編映像だ。

「故郷の2人の男が、(徴兵)審査で不合格になり自殺しました」と話し始めるドス。「軍需工場で働いていたので、兵役は免除されましたが、他の人たちが戦争で死んでいるのに、僕だけ家にいることは出来ません。衛生兵になって戦おうとしました」と、静かに胸に秘めた決意を語る。ドスの視点の先では、「戦争は人を殺すもの」とする上官のグローヴァー大尉(サム・ワーシントン)とハウエル軍曹(ヴィンス・ヴォーン)がその言葉に耳を傾けている。そして、決して武器を持たないと誓ったドスは、「皆は殺すが、僕は助けたい。人と人とが殺し合う中で、1人ぐらい助ける者がいてもいい」と、目に涙を浮かべながら固い信念を自分の言葉で伝える。この後、軍事裁判は思わぬ人物の登場によってドスの主張が認められる。1945年5月、ドスはグローヴァー大尉に率いられた第77師団の一員として難攻不落の激戦地ハクソー・リッジに到着する。だが、ドスの前にはさらに過酷な戦いが待ち受けているのだった…。

『ハクソー・リッジ』
6月24日(土) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
配給:キノフィルムズ
(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016
公式HP:http://hacksawridge.jp/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新品北米版Blu-ray!【ハクソー・リッジ】Hacksaw Ridge [Bl…
価格:5990円(税込、送料別) (2017/6/23時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください