アニメ

『蠱毒 ミートボールマシン』、高橋ヨシキが手掛ける本ビジュアル解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


国内外で高い評価を獲得したバイオレンス・スプラッタームービーが新たに甦り、『蠱毒 ミートボールマシン』として8月19日より全国順次公開となる。

■誰も見たことのないバイオレンスがここにある

国内外で高い評価を獲得したバイオレンス・スプラッタームービー『MEATBALL MACHINE −ミートボールマシン−』。謎の生物に操られたヒトとマシンの複合体、ネクロボーグが死闘を演じる世界観を受け継ぎながら、より過激に生まれ変わったバイオレンス・スプラッターが『蠱毒 ミートボールマシン』だ。監督は、オリジナル版『ミートボール』で特撮・造型を手がけた西村喜廣。幅広く活躍している特殊メイク、造型クリエーターであると同時に、監督としても『東京残酷警察』(08)や『虎影』(15)など異色エンタメ作を次々に発表。各国のファンタ系映画祭を通じ、ワールドワイドに高い人気と知名度を誇る異才。『蠱毒 ミートボールマシン』も、ワールドプレミア上映だったサウス・バイ・サウスウエスト 2017(北米)を皮切りに、4 月に行われたブリュッセル国際ファンタスティック映画祭やシアトル国際映画祭(北米)、ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭(スイス)をはじめ、現在多くの国際映画祭での上映希望が殺到している。

主人公には、個性派俳優として映画、ドラマ、CMで活躍中の田中要次。映画初主演となる本作では、派手な特殊メイクで全身を覆われながら、激しいアクションをほぼスタントなしで熱演した。可憐なヒロイン・カヲル役には、グラビアアイドルの百合沙。映画初出演とは思えないナチュラルな演技だけでなく、映像では初脱ぎとなる、みごとな脱ぎっぷりにも注目したい。その他、しいなえいひ、鳥居みゆき、川瀬陽太、村杉蝉之介、三元雅芸ほか個性派メンバーが集結。斎藤工が謎の宇宙人で出演。

解禁された本ビジュアルは、本作の出演者でもあるアート・ディレクターの高橋ヨシキが担当。謎の大きな“フラスコ”が東京スカイツリーを中心に一角を覆い、そのフラスコの中で爆発による炎が立ち込めた街並みが描かれている。そして、そのフラスコには数々の文字が浮かび上がり、あたかもネット上の炎上を思わせるような人間の醜い心情が飛び交う。フラスコの中では生き残りをかけた死闘が繰り広げられ、外では言葉により炎上しているというこのビジュアルには、行き場のない、ここからどこへも逃げ出すことの出来ない無音の叫びや不穏な空気が満ちている。

『蠱毒 ミートボールマシン』
2017年8月19日(土)より 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
配給:アークエンタテインメント
(C)2017 キングレコード
公式HP:https://kodoku-mb.net/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BD/MEATBALL MACHINE ミートボールマシン(Blu-ray)/邦画/KIXF-509 [8/9発売]
価格:4614円(税込、送料無料) (2017/6/9時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください