『ブラッド・ファーザー』メル・ギブソンがアルコール中毒を懺悔!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


昨年のカンヌ映画祭を賑わせたメル・ギブソン最新主演作『ブラッド・ファーザー』が6月3日(土)より新宿
武蔵野館にて公開となる。

今回、メル・ギブソン演じるジョン・リンクがアルコール中毒を懺悔している姿が解禁された。

仲間をかばうために真実を話さず、牢屋入りとなった男ジョン・リンク。釈放後は荒野のトレーラーハウスで、タトゥー屋を営み、ひっそりと暮らしていた。しかし、行方不明となっていた娘リディアからの一本の電話により状況は一変。マフィアの争いに巻き込まれ、命を狙われる娘を守るため、ジョンは闘いに身を投じることに・・・。

アルコール中毒により人間関係が破綻。妻には逃げられ娘は行方不明。さらには仲間をかばって投獄されるという悲惨な人生を歩んできたジョン・リンク。この度、教会の自助グループで過去の酷い行いを懺悔するジョンの映像が解禁となりました。実生活では 2006 年に飲酒運転と速度超過を犯し、逮捕をされたメル・ギブソン。逮捕時の人種差別的発言によって一時は業界での活動が危ぶまれる。その後も不倫や恋人へのDV疑惑などで世間を騒がし、ついには代理店とのマネジメント契約を白紙にされる。輝かしい栄光を一度は手にするも、様々なトラブルによって地に落ちた過去を持つメル・ギブソン。

本映像にてアルコール中毒により人間関係を修復不可能なほどボロボロにしてしまったと語るジョン。まるで実生活でも飲酒によるトラブルがあったメル・ギブソンの本音のようだ。さらに「汚点は消せない」と重く語るジョンの姿は演技ではなく、メル・ギブソン自身の懺悔の姿でもあり、今後の活動へ自ら檄を入れているようにすら感じる。自らの行いを悔いるジョン・リンクだが、このあと再開を果たすことになる娘と良き関係を再構築することができるのか!?

【ストーリー】
トレーラーハウスでアル中のリハビリをしながら細々と暮らす男、ジョン・リンク。血生臭い世界から足を洗った元犯罪者の彼のもとに現れたのは、数年前から行方不明になっていた一人娘リディアだった。ギャングとトラブルを起こし、警察にも、殺し屋にも追われる娘を守るため、父親は、これまで培ったアウトローのサバイバル術を駆使して迎え撃つことを決意する!

『ブラッド・ファーザー』
6月3日(土)新宿武蔵野館ほか全国ロード―ショー
配給:ポニーキャオン
(C)Blood Father LLC, 2015
公式HP:http://b-father.jp/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください