アニメ

映画『鋼の錬金術師』待望の新ビジュアルを公式HPにて初公開! 原作コミック連載開始日の7月12日にファンイベントも開催決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


全世界待望のファンタジー・アクション超大作、実写映画『鋼の錬金術師』が12月1日(金)の“映画の日”から全国公開となる。

今回、本作の最新ビジュアル<ティザービジュアルⅡ>が完成し、映画公式サイト内でて初公開された。さらに、原作コミック「鋼の錬金術師」連載スタートの日、7月12日(水)に、豪華メンバーが勢ぞろいする“ハガレン”ファンイベントの開催も決定した。


今回解禁されたビジュアル内では、今まで一部のみ披露されていた、エドとアルの全身のビジュアルが収められている。エドの深紅のコートとアルの左腕には、原作でもお馴染みの十字架のマーク“フラメルの紋章”を確認することができる。また、キャッチコピーの「鋼(ハガネ)の身体は、兄弟の絆(キズナ)。」の通り、禁忌によって得てしまった鋼の身体と、その鋼よりも固い絆で結ばれた兄弟二人が見つめる視線の先に、これから待ち受ける壮大な旅を連想させる。

また、原作コミック「鋼の錬金術師」連載スタートの日である、7月12日(水)に“ハガレン”ファンイベントの開催も決定!アニメ版声優キャストや、出演キャスト陣も登壇予定で、この日限定の来場者特典も計画されている。さらに、今秋には東京は東京ドームシティ Gallery AaMo(9月16日~*9月15日、特別内覧会)と大阪は南港ATCミュージアム(11月3日~)の2会場にて“ハガレン”史上初の大規模原画展「鋼の錬金術師展」の開催が決定するなど、公開に向けてますます盛り上がりを見せる本作。先立って公開された<予告Ⅱ>は、公開からたった10日間で、ワーナー公式YouTubeチャンネルでの再生回数340万回突破を叩き出し(4月17日(月)時点)、日本国内のみならず、アメリカ、イギリス、中国、台湾など世界中からのアクセスが殺到し、注目が高まっている。



【ストーリー】
幼い頃、亡くなった母にもう一度会いたいという想いから兄エドと弟アルは、ついに”人体錬成”の理論にたどり着く。だがそれは、錬金術師にとって絶対に犯してはならない禁忌だった……。錬成は失敗しエドは左脚を、アルは身体全部を対価として“持っていかれて”しまう。瀕死のエドは自身の右腕と引き替えにアルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させることに成功したのだった。時が経ち、右腕と左脚に“機械鎧(オートメイル)”の義肢を装着した身で国家錬金術師となり、鎧の姿の弟アルと、失った身体を取り戻す手がかりを探す旅を続けるエドを、人はこう呼ぶのだった。“鋼の錬金術師”と──。弟の身体を元に戻すために命をかける兄と、彼を支える鎧姿の心優しい弟。失ったすべてを取り戻すため、兄弟の壮大な冒険の旅が今、始まる―。

『鋼の錬金術師』
12月1日(金)、超ド級の冒険始まる。
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX
(C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会
公式HP:http://hagarenmovie.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください