映画
アニメ
ゲーム

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』本予告編解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が2017年7月1日(土)から全国公開となる。

今回解禁となる最新の予告編では、誰もが聞くだけでワクワクし胸踊るテーマ曲「彼こそが海賊 (He’s a Pirate)」にのせ、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の迫力の映像と物語が明かされる。

孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)が解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンは始まった。ジャックがサラザールの復讐から逃れる方法はただ一つ、<最後の海賊>のみが見つけ出せる伝説の秘宝<ポセイドンの槍>を手に入れること。かつてジャック(ジョニー・デップ)と冒険を共にしたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)、その息子ヘンリー・ターナー(ブレントン・スウェイツ)、孤独な天文学者カリーナ(カヤ・スコデラリオ)、宿敵バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)など、様々な運命が交差する中、最後に宝を手に入れるのは誰か? そして、ジャックVS海の死神の決戦の行方は? それぞれのセリフやシーンが意味するものは何なのか?すべての謎が明かされる<最後の冒険>が、ついに幕を開ける!

船上で逃げる姿やギロチン台にかけられたジャックに大砲が放たれギロチン台とともに飛んでいく姿といったジャック・スパロウのひょうひょうとした唯一無二の存在感とダイナミックなアクションの掛け合わせは、夏にこそ見たい最大級のエンターテイメント! さらに、オーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーに加え、キーラ・ナイトレイ演じるウィルの妻エリザベスという運命のふたりの姿も!“10年に1度しか陸に上がれない呪い“をかけられた父ウィルの呪いを解くため、”ポセイドンの槍“を手に入れようと、息子ヘンリーはジャックに近づく!監督たちが1作目の『~/呪われた海賊たち』をリスペクトして制作した本作は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のジャックとウィルの関係性を彷彿とさせる、ジャックとヘンリーの凸凹コンビの掛け合いや、ウィルとヘンリーの親子の熱い絆にも注目だ。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
2017年7月1日(土) 全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.
公式HP:http://www.disney.co.jp/movie/pirates.html

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください