アニメ

映画『ミュージアム』ブルーレイ&DVDが今週発売!大友啓史監督と装飾・渡辺大智が作品の裏側を語るトークショー開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ワーナー・ブラザースは、小栗旬×妻夫木聡×大友啓史監督の最強コンビで贈るノンストップ・スリラーエンターテイメント『ミュージアム』のブルーレイ&DVDを3月16日(木)にリリースする。

今回、本作に収録される特典映像の上映会が開催され、大友啓史監督と装飾の渡辺大智が登壇しトークショーを行った。


原作は漫画大国日本を震撼させた巴亮介氏作の同名コミック。その想像を絶する過激描写と、読めば読むほどハマってしまう緻密に練られたストーリー構成、裁判員制度の問題という奥深いテーマも盛り込み、連載終了後も熱狂的ファンを増やし続けている、残虐性とゲーム性を兼ね備えた問題作。本作のプレミアム・エディションには“メイキング・オブ・ミュージアム”“キャストインタビュー集”“イベント映像集””シーンセレクション・インタビュー”など3時間を超える豪華映像特典が収録される。

イベントに登壇した大友監督と渡辺は上映された一部の特典映像を“装飾”の視点から解説。劇中で描かれる第2の殺人「母の痛みを知りましょうの刑」について、殺害されるオタク男子の部屋を作っていくにあたり、「これは僕も全然分からなくて、原作を読んでそういうキャラクターにしなきゃいけないとは思っていたんですけど、引きこもったオタクの友達もいないので困ってたんですよ。なので、秋葉原まで行って男の子をナンパしました。」と驚きのエピソードを披露。「アイドルのグッズが沢山売ってるデパートの1階で、これぞっていう子に声をかけて一緒に買い物に行きました。」と話し、彼のアドバイスを受けて身に着ける小道具などからキャラクター造形にフィードバックさせていったことを明かした。



続いて、邦画では珍しい市街地での本格的なカーチェイスシーンの話題に。大友監督は「騎馬戦をやりたかったんです。最後、車がひっくり返った後に、もう1台の車でガンガンぶつけるんだけど、車を肉弾戦に見せるにはどうしたらいいかなっていうことを考えてやりましたね。」とコメント。渡辺も「日本の道って電信柱にも当てられないので、アクションで派手に見えるものは何かないのかなって常に考えてました。ぶつかるたびにガラスを撒いたりとかしました。本物のガラスだと小栗旬が血まみれになっちゃうので痛くないガラスを撒きました(笑)もちろんカーチェイスシーンなので映ったらラッキーくらいの気持ちでやってます。」と振り返る。

次に、大友監督もおススメする“カエル男のアジト・霧島邸”について話題が移る。見る人によってはトラウマになるような装飾品が並ぶこの屋敷を作り上げる上で渡辺は「ミュージアムという言葉から普通に作っていくと、並べ方にもよりますけど、美術館の真似になっちゃうなと思ったんです。どういうふうに異常性や病的な雰囲気を出していくかって考えたときに、KITTEの展示(東京大学総合研究博物館)に負けない物量を用意しようと思いました。」と語る。

霧島邸のセットは都内のとある体育館に作られており、日光の入らないセットに籠って作り込みをしていたという渡辺は「本当にそれが嫌で、もう大友さんのこと嫌いになりそうだった(笑)神経が細いんで、こういう所にいると本当に頭がおかしくなりそうだった。しかも、殺人鬼の部屋を作っているわけですから、これは(カエル男のように)なるなと。」と冗談を交えつつ、異常な空間を作る苦労を語った。



大友監督も「セットに行ったとき、真っ先に大智から『人は日差しを浴びると救われるのに、コイツ(カエル男)は日を浴びることもできないんだ』って言われて、改めてそうだよなともう1回思い出しました。撮影は段取りを含め、本質から麻痺していく行為だから、違う動きをしてる誰かがフッとそういうことを言ってくれると改めて『そうだよなぁ』ってことになるんですよね。だから大智の一言は結構残ってますよ(笑)」と述べた。

終盤、大友監督は装飾という仕事について「美術が大枠の構成を考える仕事だとすると、装飾はもっとキャラクターのディティールのストーリーを語っていく仕事だと思う。拾われる所もあれば、捨てられる所も多い仕事です。」とコメント。さらに「空間で人は動きや考えが変わるんですよ。嘘から真を作る仕事だから、ほんのちょっとでも真に近い環境を用意したいんです。」と語った。自信が準備して作り込んだ装飾が映像に映り込まないことが多いということについて渡辺は「100回準備して1回使われたら良いくらいの気持ちです。でもそれは次の糧になるので。捨てられたから悔しいとい気持ちはないです。」と自信の仕事に対する姿勢を語った。








『ミュージアム』3月16日ブルーレイ&DVD 発売
【初回仕様】ブルーレイ&DVD セット プレミアム・エディション(3枚組)¥6,990+税
<豪華映像特典DVD(約222分)>
メイキング・オブ・ミュージアム/キャストインタビュー集:小栗旬、尾野真千子、野村周平、妻夫木聡、大友啓史監督/イベント映像集:ジャパンプレミア舞台挨拶&初日舞台挨拶&大ヒット御礼舞台挨拶/小栗旬×大友啓史監督 シーンセレクション・インタビュー
<初回仕様>3面デジパック仕様/アウターケース
<封入特典>フォトブック(64ページ)

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
(C)巴亮介/講談社(C)2016 映画「ミュージアム」製作委員会
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/museum/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください