アニメ

藤原竜也が演じる殺人犯の“美しきクズ”っぷりが炸裂!『22年目の告白―私が殺人犯です―』予告編解禁&主題歌決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


藤原竜也・伊藤英明の初共演となるサスペンスエンターテインメント大作『22年目の告白―私が殺人犯です―』が6月10日(土)より全国公開となる。

本作の予告編がついに完成し、さらにロックバンド「感覚ピエロ」が映画初の主題歌を担当することが決定した。




1995年、5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件。懸命な捜査も虚しく、未解決のまま事件は時効を迎えた。そして事件から22年後、自身の殺人を告白した曾根崎雅人(演:藤原竜也)が、本の出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃的なシーンで物語は始まる。告白本の著者・曾根崎は、美しい容姿で、不敵な笑みを浮かべ、出版した本「私が殺人犯です」を手に会見・サイン会・TV出演とキャンペーンを展開していく。そんな犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村航(演:伊藤英明)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNSにより美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく―。未解決のまま時効を迎えたため“絶対に捕まえられない殺人犯”の曾根崎と、“22年前に犯人を取り逃した刑事”牧村。5人の命を奪った最低のクズである曾根崎は、牧村と再会し「あんたがどんくさいから5人も死んだんだよ」と悪びれもなく言い放つ。なぜ曾根崎は殺人の告白本を出版したのか?22年間犯人を追い続けた牧村の思いとは?連続殺人事件から22年後、曾根崎の“殺人の告白”により新たなゲームが動き出す。

■藤原竜也 コメント
すごく難しい役でしたが、(仕上がりが)とても楽しみです。衣装チーム・ヘアメイクチーム含め、話題性・カリスマ性のある一人のキャラクターを作り上げてもらって、監督、まわりのスタッフが新たな役を作ってくれました。今まであるようでない役柄です。本当に自分としても面白かったです。伊藤さんとの共演は、刺激的でしたね。面白い方ですし、勉強になりました。伊藤さんの発言によって、俳優として気づかされたところも多かったです。

■伊藤英明 コメント
物語の軸が、僕が演じた牧村中心に動いているので、見ている人が前後をちゃんと想像できるように監督とひとつひとつ丁寧に話しながら作っていきました。主演の名前に藤原竜也くんの名前を聞いたときにはすごく嬉しかったですし、一緒に実際にやってみて、壁がないというか、盛り上げて現場を引っ張っていくのはものすごく頼もしい役者さんですね。

■感覚ピエロ / 横山 直弘(Vo&Gt)コメント
「22 年目の告白」を初めて観た時、その後味の強烈さと生々しさにただただ圧倒されました。今回その映画の世界観と、感覚ピエロが表現したい「刺激的なロック」とが互いにクロスし生み出されたのが「疑問疑答」です。強烈に、泥臭く、それでいて繊細。そんな人間の奥底に潜む心の生々しさとエグさを、楽器とメロディと歌詞で表現しました。「22 年目の告白」と感覚ピエロのサウンドによって生まれた今回のプロジェクト。是非この刺激的な体験を皆さんも体感してください。

■入江悠監督 コメント
映画を観た人が最後まで油断できないようなロックな音にしたい、というイメージがありました。感覚ピエロさんに初めて映画を観ていただいた時、お客さんとして本当にすごく興奮してくれていたので、そのままの熱で作っていただければ大丈夫だと確信しました。「映画館を出る時にはじめて一息つけるような音楽にしてください」とお願いしたのですが、できあがってきた楽曲を聴いた時、こちらの想いを完全に理解してくださっていてとても嬉しかったです。映画から感じたことをストレートに楽曲「疑問疑答」にぶつけてくれて、若さってやっぱりすごいなと。彼らの若い才能に触れながら、一緒にものづくりができて楽しかったです。この映画にふさわしい、繊細でいて、しかも衝動的な最高にロックな音楽です。



『22年目の告白―私が殺人犯です―』
6月10日(土)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会
公式HP:www.22-kokuhaku.jp

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

22年目の告白ー私が殺人犯ですー [ 浜口 倫太郎 ]
価格:1998円(税込、送料無料) (2017/3/9時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください