第23回早稲田映画まつりに園子温監督登壇!学生に熱望されての登壇!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




2月21日、早稲田大学 大隈講堂にて「早稲田映画まつり」が開催され、園子温監督、プロデューサーの千葉善紀さん、黒沢あすかさんがゲストとして登壇した。
映画『冷たい熱帯魚』は、監督の実体験と1993年の埼玉の愛犬家殺人事件や他の猟奇殺人事件からインスパイアされて生み出された。観る者の心を決して離さないその圧倒的な映像とストーリーで、是か非かの議論が映画ファンの間で交わされ話題沸騰中の衝撃作。公開は2011年1月29日にテアトル新宿ほかで公開が予定されている。本イベントで学生からの質問に園監督は以下のように答えた。
—キャスティングについて?
園監督:でんでんさんは以前ちょい役で出ていただいたときに、次は悪役をやらせたいと思いました。どの監督もやったことないので、是非やるべきだと思いました。
—日本映画についていかがですか?
園監督:日本映画に救いのない映画が多すぎますよね。(笑)アメリカとかだと映画が面白ければヒットするんです。全く有名ではない役者がでて、そこから役者が大ヒットするという映画を作らなければいけないと思います。
—俳優を目指しているのですが、男優にもとめることとは?
園監督:脇を固めている人の中にいい人が沢山いますよね。僕が掘り起こしていきたいと思います。才能がありそうな人を探してきて、育てるほうが面白いです。
ゲストからのメッセージ


千葉プロデューサー:園さんは若い人と話をするのが好きな監督です。『冷たい熱帯魚』は是非、若い人に観てもらいたいので、よろしくお願いします。
園監督:この映画がヒットすれば、日本映画界が変わる希望がもてますので、それを実現させるためにも、是非観に来ていただきたいです。
黒沢:現場では監督のお陰で輝かせてもらうことができました。有難うございました。
映画『冷たい熱帯魚』
2011年1月29日にテアトル新宿ほかにてロードショー
スタッフ
監督・脚本: 園子温
脚本: 高橋ヨシキ


キャスト
吹越満
黒沢あすか
神楽坂恵
でんでん
梶原ひかり
R-18
公式サイト:http://www.coldfish.jp/index.html

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください