映画
アニメ
ゲーム

「ルパン三世」原作誕生50周年を記念し『ルパン三世 カリオストロの城』MX4D版が1月20日より期間限定上映!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


1979年にアニメ「ルパン三世」の劇場用長編第2弾として公開された不朽の名作『ルパン三世 カリオストロの城』のMX4D版が2017年1月20日(金)より期間限定で全国のTOHOシネマズほかMX4Dスクリーンにて特別上映される。

名匠・宮崎駿の映画初監督作品として知られ、世界中に熱狂的なファンを持つ本作を、シートの動き、振動、風、ストロボなどの特殊効果によって臨場感を演出する最新の体感システムMX4D版として公開!

公開から年数を経た過去の名作映画のMX4D化は国内初。さらに入場料金を従来のMX4D版(一般3,000円)よりも安価な2,200円均一での公開となる。また、入場者には特製ポストカード(各劇場1,700枚限定)が配布される。映像は、2014年に劇場公開されたデジタルリマスター版をベースに、最新の技術と丁寧な手作業によりフィルムの汚れなどを除去、音声もノイズを取り除いて5.1チャンネル化。素晴らしい映像、音響に加えて、MX4Dならではのシートポッパー(突き上げ)やウォーターブラスト(水しぶき)などの特殊効果が徹底的に施されている。

↑特製ポストカード

従来MX4Dのプログラム制作は渡米を伴う作業が一般的だったが、MX4D版国内販売会社であるソニービジネスソリューション株式会社がプログラム制作ライセンスを取得したことにより、国内制作が可能になった。そのプログラム制作は株式会社ダイナモアミューズメントが担当。20年以上にわたり遊園地やテーマパーク用映像を手掛けてきた様々な動きの演出やノウハウがMX4D版に惜しみなく注ぎ込まれている。今回の『ルパン三世 カリオストロの城』MX4D版は、「体感する」映画としてのMX4Dの魅力を遺憾なく発揮し、誰でも楽しめる長編映画として、2015年に放送された新テレビシリーズの企画と平行して約1年をかけて準備された。

【クラリス役の声優・島本須美さん、アニメーターの友永和秀さんがMX4Dを体験!】

■声優:島本須美さん コメント
特にカーチェイスのシーンは臨場感があって、印象に残りました。口を開けて観ていたら、水しぶきが口の中に入ってしまいましたので、口を閉じてご覧下さい(笑)。私は特にルパンが屋根をビュンビュンと高跳びするシーンが好きなのですが、とても動きが合っていた気がしました。初公開から38年経って改めて自分の演技を聞くと反省モードに入ってしまいますね。男性の中で理想の女性がクラリスというのはわかるような気がします。

■アニメーター:友永和秀さん コメント
最初は半信半疑で観始めたのですが、特に時計塔のシーンは臨場感があって良かったです。大画面で観ればさらに臨場感が出るのでしょうね。動きにメリハリをつけているのはいいと思います。今後は演出の人もMX4Dの動きも計算に入れて考えないといけなくなるかもしれないですね。『カリオストロの城』はカメラが固定ですが、最近のアニメのように手ぶれのシーンがあると動きが付けられて面白いかも。

公式HP:http://www.lupin-3rd.net/mx4d/

原作:モンキー・パンチ (C)TMS

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルパン三世 カリオストロの城 【Blu-ray】 [ 山田康雄 ]
価格:5721円(税込、送料無料) (2017/1/18時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください