映画
アニメ
ゲーム

『バイオハザード:ザ・ファイナル』ミラ、ローラがアンデッドを打ちまくるゾンビ殺戮カウント映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バイオハザード

日本発の大人気ゲームから生まれ、究極のアクション超大作シリーズ第6弾にして最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』が、いよいよ12月23日(金・祝)に世界最速公開となる。

今回、ミラ・ジョヴォヴィッチやローラがアンデッド(=ゾンビ)軍団を撃ちまくる映像が解禁!


今回解禁となるのは、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアリスやローラ演じるコバルトたちがアンデッドを撃ちまくり、殺戮数がカウントされていく映像だ!アリスたちの前に押し寄せてくる大量のアンデッド軍団。「すべて始末する」というアリスの掛け声とともに、アンデッドを撃ちまくる!これまでもアンデッドをはじめ迫りくる数々の敵との闘いでアクロバティックなアクションを見せつけてきたミラ。本作でもキレキレのアクションは健在!さらに、ローラも銃アクションを披露!その勇ましい姿が本映像で初解禁となる。映像内ではアンデッド軍団との闘いのシーンだけでも30,466人ものアンデッドを撃ち殺しており、本作では一体どれほどのアンデッドたちを倒すのか?





【ストーリー】
 「48時間で人類は滅びる」とレッドクイーンに告げられるアリス。その言葉を体現するかのように、宿敵アンブレラ社が放った絶望的な数のアンデッドが地上を埋め尽くしていく。人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。アリスはすべての物語がはじまった地=ラクーンシティへ戻る。生き残った仲間クレアやコバルトらと共に、アンブレラ社の心臓部である「ハイブ」を壊滅させるため、いま、最後の戦いが幕を開ける――。 主人公アリスは、『バイオハザード』シリーズとともに進化を遂げてきた最強のアクション・ヒロイン、ミラ・ジョヴォヴィッチ。監督はシリーズすべてに携わってきたポール・W・S・アンダーソン。アリスと共に戦う女戦士コバルト役で日本からはローラがハリウッドデビューし参戦!クレア・レッドフィールド役で人気を博したアリ・ラーターも最終作にカムバック。そして、これまで謎に包まれていた「アンブレラ社の陰謀」「T-ウィルスの開発」そして「アリスの誕生」の秘密がついに明かされる――。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』
12月23日(金・祝)世界最速公開!
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウィリアム・レヴィ、ルビー・ローズ、ローラ
原題:Resident Evil: The Final Chapter
公式HP:http://www.biohazard6.jp/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. PS4版
価格:7075円(税込、送料無料) (2016/12/22時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください