アニメ

コーエン兄弟 x スピルバーグが初タッグ!『トゥルー・グリット』 NYプレミア開催!&日本公開日決定!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給、アカデミー賞受賞監督ジョエル&イーサン・コーエンの最新作『トゥルー・グリット』(原題:TRUE GRIT)の日本公開日が2011年3月18日(金)に決定。そして、アメリカ/NYでは現地時間14日にプレミアが開催され、会場にはコーエン兄弟、主演のジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、そして新星ヘイリー・スタインフェルド他、レッドカーペットに登場した。
厳しい寒さとなったニューヨーク、しかしその寒さも感じさせないほどキャスト陣は笑顔でレッドカーペット上に。マット・デイモンは終始上機嫌で、「この映画で演じられた事は自分にとってとても満足なことだ。この映画は今まで演じた役の中で1番気に入っている。日本のファンも気に入ってくれる事を願っている」と大きな自信と日本のファンへの期待をのぞかせた。また、前回のアカデミー賞主演男優賞俳優ジェフ・ブリッジスも「日本のファンの反応がとても気になる」と日本でのリアクションを気にしている様子だった。続いて、本作で父を殺された復讐のために立ち上がる少女マティ役を、二人のアカデミー賞俳優を相手に圧倒する演技力を見せつけた若干13歳の新星ヘイリー・スタインフェルドがカーペット上に現れると、カメラのストロボが一斉に鳴り響き大きな歓声上がった。ミニスカートからのぞくバービードールのような長い足にムラサキ色のハイヒール、そしてそれに合わせたパープルのアイシャドウ。彼女の『トゥルー・グリット』での演技力は世界のメディアから絶賛を浴び、現在賞レースのダークホース的な存在として注目を集めている彼女。すでに、サウスイースタン映画批評家協会賞やインディアナ映画批評家協会賞など受賞し、ブロードキャスト映画批評家協会賞を始めとする全米の映画賞でもノミネーションされ、新星女優No.1の呼び声が上がっている。そんな彼女も「日本」という言葉を聞いて瞳がキラリと反応し、海外、特に日本での評価が気になっている様子で「日本に行きたい」と話していた。
『トゥルー・グリット』
2011年3月18日(金)<復讐の時>TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国公開!

復讐を誓う14才の少女と彼女に雇われた男の執念の追跡
マティ・ロス(ヘイリー・スタンフェルド)は、信念の強い14歳の少女。その彼女の父親が、雇い人のトム(ジョシュ・ブローリン)に無残にも撃ち殺された。遥か西部の町まで父の亡骸を確認に来たマティは、物言わぬ父を確認し、形見となった銃を手にする。ためらわず復讐を決意するマティが、追跡行の相棒として選んだのは、凄腕だが独眼で大酒飲みの連邦保安官ルースター・コグバーン(ジェフ・ブリッジス)だった。そして、別の事件でトムを追うテキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デイモン)も加わっての追跡の旅が始まる。そして遂に、<真の勇気>が試される復讐のときが訪れるのだった…
監督・製作・脚色:ジョエル&イーサン・コーエン
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
出演
ジェフ・ブリッジス 
マット・デイモン
ジョシュ・ブローリン
ヘイリー・スタインフェルド
撮影:ロジャー・ディーキンス
原作:チャールズ・ポーティス「トゥルー・グリット」(早川書房より発売予定
公式サイトhttp://www.truegritmovie.com/intl/jp/
(c) 2010 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください