『バイオハザード:ザ・ファイナル』シリーズ全作を60秒振り返る特別映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バイオハザード

日本発の人気ゲームをミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写映画化した「バイオハザード」シリーズ最後となる最新作『バイオハザード:ザ・ファイナル』が12月23日(金・祝)に世界最速公開となる。

今回、本作の公開を記念して『バイオハザード:ザ・ファイナル』を含むシリーズ全6作、15年分のアリスとアンブレラ社との戦いを“60秒”で振り返る特別映像が解禁となった。




●2002年『バイオハザード』――
舞台は架空の都市ラクーンシティ。世界有数の製薬会社アンブレラ社の研究施設ハイブで、極秘裏に開発されていた“T-ウイルス”が漏れ、研究所内にパニックが広がる。アリスのすべての戦いはここから始まった。

●2004年『バイオハザードⅡ アポカリプス』――
T-ウイルスが引き起こした感染は、ラクーンシティ全域に。施設から解放されたアリスは、生存者たちを引き連れてラクーンシティからの脱出を図るが、アンブレラ社が放った強力な生物兵器“ ネメシス” が立ちはだかる……。

●2007年『バイオハザードⅢ』――
世界中に拡大したT-ウイルスの汚染で文明は死に絶えようとしていた。砂漠化した荒野で生存者たちを率いるクレアが初登場したほかアリスのクローンやラスボス・アイザックス博士の登場など本作ともリンクするポイントが多く、アクションもよりワイルドに! 

●2010年『バイオハザードⅣ アフターライフ』――
東京にある宿敵アンブレラ社の拠点へ乗り込んだアリス。アンブレラ社のボス、ウェスカーの巧妙な策に翻弄され、特殊な力を奪われてしまう。再会したクレアとの巨体のクリーチャー“ 処刑マジニ” を相手にした共闘シーンや人気シンガー中島美嘉の出演が話題に!

●2012年『バイオハザードⅤ:リトリビューション』――
アンブレラ社に捕えられ、バーチャルリアリティの実験施設に放り込まれたアリス。彼女の前に現われたウェスカーは、衝撃の事実を告げる。アンブレラ社が開発し、人智を超える存在に成長してしまった人工知能レッドクイーンこそがすべての黒幕だった!

そして最終作となる今回の『バイオハザード:ザ・ファイナル』では、アンブレラ社によって地球上を覆いつくすアンデッドとアリスとの最終決戦で人類絶滅のカウントダウンが始まる。残り時間は僅か48時間と迫る中、アリスは全ての物語が始まった地:ラクーンシティへ戻り、そこで、生き残った仲間クレア(アリ・ラーター)、コバルト(ローラ)らと共に、首謀者・アイザックス(イアン・グレン)が待ち受けるアンブレラ社の心臓部=「ハイブ」を壊滅させる為、最期の戦いに挑む。



『バイオハザード:ザ・ファイナル』
12月23日(金・祝)世界最速公開!
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウィリアム・レヴィ、ルビー・ローズ、ローラ
原題:Resident Evil: The Final Chapter
公式HP:http://www.biohazard6.jp/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. PS4版
価格:7075円(税込、送料無料) (2016/12/12時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください