映画
アニメ
ゲーム

映画『無限の住人』特報解禁!独眼・木村拓哉“300人斬り”に挑む!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無限の住人

主演:木村拓哉×監督:三池崇史という、日本映画界が世界に誇る“最強タッグ”で挑む、規格外アクションエンターテインメント『無限の住人』が2017年4月29日(土・祝)に公開される。

今回、本作の特報映像が解禁となった。独眼で不死身の男、主人公・万次(まんじ)を演じた木村拓哉が、“300人斬り”に挑む圧巻のクライマックスシーンの一部が初披露された。初の悪役・天津影久(あのつかげひさ)を演じる福士蒼汰を筆頭に、市原隼人、戸田恵梨香、市川海老蔵ら刺客が、万次に迫る!


解禁された映像(※フルバージョンは公式サイトで公開)では、木村拓哉演じる万次の登場シーンから始まる。「凜、俺は誰を斬ればいい?」と問う不死身の男・万次と、彼を真っ直ぐ見つめ「私のことを斬ろうとする人」と訴えかける、杉咲花演じる凜(りん)。そんな二人に立ちはだかるのは、“勝つことのみを目的とする”剣客集団・逸刀流(いっとうりゅう)の統主・天津影久を演じた福士蒼汰を筆頭に、市原隼人、戸田恵梨香、市川海老蔵と、とまさに規格外な豪華キャストたち。個性的なビジュアルの刺客たちが斬新な武器を手に万次に迫る!

撮影は2015年11月から今年1月の極寒の京都で行われ、凜を守りながら圧巻の“300人斬り”の大立ち回りを繰り広げるクライマックスシーンは、約15日間かけて撮影。今回木村拓哉は、独眼の万次を演じるため実際に右目を特殊メイクで閉じて全編に渡って撮影。普段とは異なる視界と距離感のはずだが、まったくそれを感じさせない壮絶アクションに挑んだ。

原作の「無限の住人」(沙村広明著)は、1993年から2012年に「月刊アフタヌーン」(講談社刊)で連載され、その圧倒的な画力と斬新な殺陣描写により「時代劇」というジャンルを超えたアクションコミックとして話題を呼び、累計発行部数750万部突破を誇るカリスマコミック。1997年に第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、2000年に英語版がアイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞(※アイズナー賞とは、“漫画のアカデミー賞”と呼ばれるアメリカで最も権威あるコミック賞の一つ)。手塚治虫、大友克洋、浦沢直樹など名だたる作家に先んじての受賞となり、当時大きな話題となった。現在までに世界22の国と地域で刊行され、いまなお人気を博している。『るろうに剣心』3部作を手掛けた、ワーナー・ブラザース映画が配給し、カンヌ国際映画祭など国内外で高い評価を受ける三池崇史が監督。海外も視野に入れた作品としても大きな期待がかかる。



■あらすじ
無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎるその時間は、剣術の腕も鈍らせ、彼は永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼したいと現れた少女。どこか妹に似ているその姿に、無限の命を使い、用心棒として少女を守ると決めた。だがそれは、不死身の万次をも追い込む予想外の戦いの始まりだった――。

『無限の住人』
2017年4月29日(土・祝) 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新装版 無限の住人(1) [ 沙村 広明 ]
価格:1058円(税込、送料無料) (2016/11/11時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください