映画
アニメ
ゲーム

【第29回東京国際映画祭】『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編』プレミア上映 佐藤寛太(劇団EXILE)「初上映をこの場で迎えられて光栄」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イタズラなキス

累計発行部数3500万部を誇り、永遠の乙女のバイブルとして日本のみならず世界中で愛され続けている人気漫画“イタキス”こと「イタズラなKiss」の初の映画化となる『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編』が11月2日(水)、開催中の第29回東京国際映画祭にてプレミア上映された。

上映後には佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生、溝口稔監督が舞台挨拶に登壇した。

入江直樹を演じた佐藤さんは「世界的に有名な『イタキス』の(初上映となる)スタートの場をここ東京国際映画祭で迎えることができて光栄です」と挨拶。ヒロインの琴子を演じた美沙さんは「琴子は明るくて元気いっぱいで、ポジティブな子。演じる上で私もいつも元気をもらっていました」と琴子さながらのはつらつとした口調で語った。

itakiss_3

山口さんは自身が演じた理美を「お姉さん的な立ち位置」と説明。「普段の私は末っ子の妹タイプなので(笑)自分の中で理美的な要素を見つけるのは苦労しましたが、楽しかったです」と充実した表情。お調子者の金之助を演じた大倉さんは、この日もノリノリのテンションで場を盛り上げたが「僕と金之助、中身もメチャメチャそっくり!現場でもプライベートでも金之助として和気あいあいと楽しみました」と満面の笑みを浮かべる。

itakiss_1

灯さんは、そんな現場の様子について「見てわかると思いますが(笑)、和やかで常に金ちゃんが笑いをとって、ドカンドカンと受けてました」と証言。「みんなに助けられて、それぞれに個性的な役ですが、各々に愛し、ひとりひとり魅力的になればという思いで演じていました」と振り返った。

itakiss_2

長く原作者の多田かおるさんの作品に携わってきた溝口監督は「『このまま終わらせてほしくない』というファンの声を受けて、未完の原作を映像化しようと思いました。いちファンとして、僕自身が楽しんで見たいと思える映画を作りました」と胸を張る。また、ひとりひとりのキャストの魅力にも触れ、特に佐藤さんについて「テニスのシーンでサーブを決めて、長ぜりふを言うシーンでは一発で決めてくれた。さすが!」と頭脳明晰でスポーツ万能の入江直樹が「降りてきた」と称賛を送った。

itakiss_4

最後に佐藤さんは、今後、続いていく続編に言及し「これからみんな成長していきますし、僕らの俳優としての成長を重ねて見ていっていただければと思います」と呼びかけ、温かい拍手と共に舞台挨拶は幕を閉じた。

佐藤寛太 %e7%be%8e%e6%b2%99%e7%8e%b2%e5%a5%88 大倉士門

山口乃々華 灯敦生 溝口稔

[写真:ハウル沢田、編集部]

『イタズラなKiss THE MOVIE〜ハイスクール編〜』
11月25日(金)TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー
配給:ギャガ・プラス
(C)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会
(C)多田かおる/ミナトプロ・エムズ
公式HP:http://itakiss-movie.com/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イタズラなKiss 1-12巻セット [ 多田かおる ]
価格:7455円(税込、送料無料) (2016/11/3時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください