ダース・ベイダーが11年ぶりに登場した『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』日本版ポスター解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローグ・ワン

「スター・ウォーズ」シリーズの原点である『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へと続くアナザー・ストーリー『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、12月16日(金)公開となる。

「希望は、死なない──。」というコピーと共に集結した<ローグ・ワン>の面々の背後に悪の帝王ダース・ベイダーが潜む日本版ポスタービジュアルが解禁された。


解禁された日本版ポスターは、15 歳からたった1人で生き延びてきた孤独な主人公ジンの背後に、満を持して描かれているのが“全ての希望を打ち砕く暗黒卿”ダース・ベイダーという構図。この悪の帝王は『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)以来、実に11年ぶりに、ポスタービジュアルに登場しており、本作のポスターはファン垂涎のビジュアルになる事間違いない。

また、ダース・ベイダーの登場シーンについても世界中で様々な憶測が飛び交っている中、ルーカスフィルムの社長で本作のプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディは「ダース・ベイダーは、ここぞという大事な場面でその圧倒的な存在感を見せつけるかのように登場するわ」と断言している。

日本版ポスターでひときわ目を引くのは「希望は、死なない──。」と書かれたコピー。この言葉通り『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』から『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へ「希望」“は”死ぬことなく繋がっている。しかし極秘チーム<ローグ・ワン>の戦いの直後、手に入れた<デス・スター>の設計図を帝国軍に追われるレイア姫がR2-D2 に託す『エピソード4』の冒頭で、彼ら<ローグ・ワン>のメンバーについて全く言及されていない。ギャレス・エドワーズ監督は「ジェダイの精神や教えとともに人々の心も失われつつある。そんな中、ごく普通の人々が悪の支配を食い止めるべく立ち上がる物語だ」と本作を説明しており、大いなる歴史の中で埋もれていた“希望を繋いだ名もない戦士たちの闘い”を描く物語だという事を明らかにしている。

ローグ・ワン


『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
12月16日(金) 全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)Lucasfilm 2016
公式HP:http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください