アニメ
ゲーム

映画『デスノート』イッキ見上映イベントに藤原&松ケンがサプライズ登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

デスノート

映画「デスノート」10年ぶりの正統続編として制作される『デスノート Light up the NEW world』が10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他にて全国拡大ロードショーとなる。

今週末に控えた公開に先駆け本日10月24日(月)に新宿ピカデリーにて前作『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』のイッキ見上映イベントが実施され、夜神月を演じた藤原竜也さんとLを演じた松山ケンイチさんがサプライズ登場した。

本イベントに集まった来場者約500名は、サプライズゲストの登壇有のイベントとは知らされていたものの、まさか2人が登場するとは思っていなかったため、2人が現れるやいなや場内からは大歓声が上がった。藤原さんと松山さんは、司会不在という演出の中、「これいつ公開するんすかね(笑)」「新作?…全然聞いてないですよね(笑)」と笑いを誘い、少し緊張気味にフリートークを開始。

藤原竜也

「実は、モジャ(田中正プロデューサー)って人がいるんですけれども…続編出ない?って聞かれたんですよ。でも、その時『聖の青春』の撮影中で…太らなくきゃいけない時期でして…」と松山さん。藤原さんも「続編やるらしいって連絡あったんだよ。月はあそこであーなっちゃったはずなのになって(笑)松山くんと久々に芝居ができるんだって思ってたらさ、東出くんも池松くんも、菅田君も出るっていうでしょ?あれ?って(笑)しかも、6冊もデスノートがあるっていうし…」と藤原さん。その言葉に「どんだけ増えんだって(笑)」と松山さんも共感。2人ともオファーの電話がなった際に、“考える”と答えたら電話を切られたと笑いながらつぶやき、それぞれ直近公開の出演映画を告知。更に場内の笑いを誘いました。

松山ケンイチ

久々の『デスノート』の舞台挨拶ということで、「月っていう存在がものすごかったんですよね。僕は新人で、竜也さんはすでに100戦練磨の役者さんで、対峙できるのかっていう不安がありました。まるで宝石のような狂気じみたあの演技はいまでも忘れられません。あれを超える演技を見たことがないです。とにかく竜也さんに追いつきたい、対峙したい、というのが当時の目標でした。今でも目標にしています」と松山さんは撮影当時を振り返ります。

最後は「前作をこうやって皆さんに観て頂けたことも幸いですし、松山くんと再会できたのも嬉しいです。言い過ぎかもしれないけれど、この作品があったから、今の自分があると言っても過言でない作品です。今度公開する『デスノート』シリーズ最新作も愛情を持って頂けたら幸いです」との言葉を残し、名残惜しむ声が飛ぶ中イベントは終了した。

『デスノート Light up the NEW world』
10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー!
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
公式HP:www.deathnote2016.com

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DEATH NOTE complete set [ 藤原竜也 ]
価格:6609円(税込、送料無料) (2016/10/25時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください