『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』新ドロイド“K-2SO”最新ビジュアル解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローグ・ワン

「スター・ウォーズ」シリーズの原点である『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へと続くアナザー・ストーリー『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、12月16日(金)公開となる。

今回、主人公ジンと、スター・ウォーズシリーズには欠かせないドロイドの新キャラクター“K-2SO”が揃ってお披露目された新ビジュアルが解禁された。

スター・ウォーズと言えばたくさんのドロイドたちが登場することも人気の一つ。もはや映画を見ていなくても誰もが知っているR2-D2やC-3PO、『フォースの覚醒』で初登場したBB-8など可愛いキャラクターたちが世界中で人気を博している。そんなスター・ウォーズシリーズの最新ドロイドが本作に登場するK-2SOだ。チューバッカのように長身で(身長2m16㎝)、ダース・ベイダーのように黒く、C-3POのような細長い手足をしており、いかにも強そうなK-2SOだが、一体どんなキャラクターなのだろうか。本作のギャレス・エドワーズ監督はK-2SOについて“C-3POとは真逆”だと言及している。神経質でうるさいC-3POとは正反対で、タフで自信に満ちており、忠誠心を持ち合わせているキャラクターだと明かしている。さらに「K-2SOは見た目はドロイドだけど、性格的にはチューバッカに近いね」と語るギャレス監督。K-2SOはハン・ソロに忠誠を尽くすチューバッカのような存在なのか?

また解禁となった新ビジュアルでは、一人遠くを見つめている主人公ジン・アーソの後ろで、ジンのお目付役で反乱軍の情報将校キャシアン・アンドアとK-2SOが何やら目線を合わせている。2人の関係は一体何なのか?キャシアン演じるディエゴ・ルナは、この2人の関係をこう語る。「キャシアンとK-2SOはお互いのことを長い間知っているんだ。キャシアンはずっと反乱軍にいてとても寂しい人。そんなキャシアンの唯一の友人がK2なんだ」と、親友同士であることを明かしている。解禁された写真をよく見ると、K-2SOの腕にはあるマークが。ファンには良く知られた、帝国軍の証だ。なぜ帝国軍のドロイドが、ローグ・ワンと共にいるのか?実はK-2SOは、元は帝国軍のドロイドだったが、キャシアンが再プログラムし反乱軍の仲間となった過去がある。そんな過去も、さらに2人の絆を確かなものにしていると言える。スター・ウォーズと言えば、R2-D2とC-3POのドロイドコンビ、ハン・ソロとチューバッカの伝説のコンビが誕生し、コンビはスター・ウォーズにとって欠かせない見どころの一つ。キャシアンとK-2SOという人間とドロイドの新コンビも、歴史に残ることになるのは間違いないだろう。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
12月16日(金) 全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)Lucasfilm 2016
公式HP:http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください