映画
アニメ
ゲーム

『高慢と偏見とゾンビ』キャスト三人インタビュー映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


恋愛小説の金字塔「高慢と偏見」をベースに、その舞台を謎のウィルスに感染した終末世界に置き換え200万部を越えるベストセラーとなった大ヒットマッシュアップ小説「高慢と偏見とゾンビ」が完全映画化され9月30日(金)より全国公開する。

今回、本作のヒロイン、エリザベス役のリリー・ジェームズと、ベネット家の長女ジェイン役のベラ・ヒースコート、そしてダーシー役のサム・ライリー等主要キャストが作品への想いを語るインタビュー動画が公開!

ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』のマッシュアップ小説の映画化である本作について、リリー・ジェームズは「よくみんなで話していたんだけど、『高慢と偏見』を知らなくても『高慢と偏見とゾンビ』は楽しめるわ。もしかしたら、本作を観たあとに、小説を読んだり他の映像作品を観てみたくなったりはするかもしれないけど。だから、オースティン作品を知らない人や若い世代にオースティン作品を紹介するのには、とてもいい方法だと思うわ。」と、ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』を知っている人は勿論知らない人でも、十分楽しめる作品であることを語った。

また、ダーシー役のサム・ライリーも「ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』の要素がまだたくさん残っていて、感動したよ。最後にエリザベスとダーシーが結ばれるシーンが、他の映像作品と同じくらいロマンティックになるはずだ。一晩中、ゾンビを殺しまくったせいで、ダーシーの顔は血まみれだけどね。」と本作ならではの見どころを、ブラックユーモアを交えてアピールした。『高慢と偏見』のオマージュがどこに隠されているのか、ラブロマンスとゾンビがいかに融合しているのか、見どころ満載の映画『高慢と偏見とゾンビ』はいよいよ本日より公開!

【ストーリー】
最悪の出逢い、真実の愛とは知らずにすれ違う二人
そんな中、人類vsゾンビの最終決戦が始まろうとしていた―
18世紀イギリス、謎のウィルスが蔓延、感染したものはゾンビとなって人々を襲っていた。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な人との結婚を夢見ながら得意のカンフーでゾンビと戦う日々を送っていた。そんなある日、屋敷の隣に、大富豪の騎士ダーシーが引っ越してきた。狂喜乱舞する姉妹だったが、次女エリザベスは、初対面でみせた彼の高慢な態度に、嫌悪感を抱いていた。だが、人類とゾンビの最終戦争が勃発し、共に戦うことになった二人は、互いの偏見に徐々に気づきはじめ、そして――。恋愛小説の金字塔『高慢と偏見』の舞台を、謎のウィルスに感染した終末世界に置き換えるという大胆な試みで話題を呼んだ、200万部を越える大ベストセラー小説が、遂に映画化!!

『高慢と偏見とゾンビ』
9月30日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国ロードショー
配給:GAGA
(C)2016 PPZ Holdings,LLC
公式HP:http://gaga.ne.jp/zombies

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高慢と偏見とゾンビ [ ジェーン・オースティン ]
価格:1028円(税込、送料無料) (2016/9/30時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください