『GANTZ:O』主題歌のドレスコーズ「人間ビデオ」ミュージックビデオ解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ガンツ

死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉による大ヒットSFアクションコミック「GANTZ」。その中でも特に人気を誇るエピソード「大阪篇」をフル3DCGアニメで完全映画化した『GANTZ:O』が10月14日から公開となる。

先日8/3に開催された公開記念イベントにて本作の主題歌が、ドレスコーズ「人間ビデオ」であることが発表された。『GANTZ:O』本編の映像を使用して制作された「人間ビデオ」(GANTZ:O ANIMATION Music Video)が、ついに解禁となった。

原作「GANTZ」の大ファンであることを公言しているドレスコーズの志磨遼平は、主題歌について「“人間ビデオ” は、ゼロ年代を代表する名作『GANTZ』へのぼくなりのトリビュートであり、原作で描かれた人類のいじましさ、業のようなものをテーマとしています」とコメント、そのガンツの世界とリンクした主題歌は、ガンツファンも納得の仕上がりになっている。原作者・奥浩哉も主題歌について「凄く疾走感があってアクション主体のGANTZ:Oに似合ってます! 気に入って何度も聞いてます!」と大絶賛している。

【ストーリー】
地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。シングルマザーでありながら戦いに身を投じていた大阪チーム山咲杏との出会い。さまざまな事態に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟のもとへ帰るため、死線を潜り抜けていく。やがて、加藤らの前に大ボス「ぬらりひょん」が立ちはだかる・・・!

『GANTZ:O』
2016年10月14日(金) 全国ロードショー
配給:東宝映像事業部
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
公式HP:http://gantzo.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください