アニメ

人気コミック『BLEACH』主演:福士蒼汰×監督:佐藤信介で実写映画化大決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

BLEACH

2001年より「週刊少年ジャンプ」にて連載を開始するやいなや、瞬く間に国民的人気コミックへと上り詰め、既刊73巻で累計発行部数8,700万部というメガヒットを記録する久保帯人の代表作「BLEACH」が、満を持してついに実写映画化することが決定した。

主人公・黒崎一護を演じるのは、日本映画界を牽引する俳優の一人となった福士蒼汰。メガホンを取るのは、『GANTZ』や『アイアムアヒーロー』の鬼才・佐藤信介監督。


本作は、霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護が、ある日突然現れた死神・朽木ルキアから、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚<ホロウ>と呼ばれる悪霊たちと戦う物語。

ただのバトルアクションにとどまらず、ルキアとの友情、勝てるはずのない相手に挑む一人の男としての成長、かつ高校生らしい仲間たちや家族との明るい笑いに満ちたストーリーテリングも絶妙に織り交ぜられ、「BLEACH」ならではのテンポ感が人気の秘訣となっている。シリーズの中でもファンに根強い人気を誇る “死神代行編”の物語を中心に映画化する予定だ。「BLEACH」は15年続いた連載の終了が発表されており、シリーズ終了を名残惜しむファンにとって、今回のニュースは嬉しい朗報となりそうだ。

主人公の黒崎一護役を演じることになった福士は、「『BLEACH』が実写になると聞いて自分も驚きでした。自分が一護となり死神の代行として、責任を持って演じたいと思います。」と意気込む。佐藤監督も「『BLEACH』、この壮大な物語を、映画化します。想像力の限りが尽くされたこの世界を、映像の力の限りを尽くして描きます。尸魂界<ソウルソサエティ>、虚<ホロウ>、斬魄(ざんぱく)刀(とう)、そして福士蒼汰が一護として暴れまくる姿、お楽しみに。」とコメントしている。

原作者の久保は映画化にあたり「幸運にも連載完結のタイミングと重なったので、原作者としてできる限り協力して、BLEACHを知らない人にも楽しんで貰え、BLEACHの読者にも満足して貰えるものに近づける一助になればと思っています。」と期待を語りながら、「唯一心配なのは一護の髪の色かなー!あの色実写だとヘンだけどどうすんだろなー!」と福士の演じる黒崎のビジュアルに期待を寄せた。

作り手たちの想いに、福士も「15年連載が続いた大人気作品が終わりを迎えたことも感慨深いです。読者としては一護や死神たちの雄姿をまだ見ていたい気もしますが、実写でもその雄姿を感じていただければと思います。そして佐藤監督とは映画『図書館戦争』シリーズ以来のタッグです。緊張もしますが、監督を信頼して頑張りたいと思います。」と熱い思いを語った。

『BLEACH』
2018年 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:bleach-movie.jp

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

BLEACH(73) [ 久保帯人 ]
価格:432円(税込、送料無料) (2016/8/19時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください