映画
アニメ
ゲーム

汐留に死神が出現!松田がリューくんに命を懸けた調査を遂行!『デスノート Light up the NEW world』スペシャルイベント実施!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

デスノート

映画「デスノート」10年ぶりの正統続編として制作される『デスノート Light up the NEW world』が10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他にて全国拡大ロードショーとなる。

今回、本作に出演している青山草太さん(松田桃太役)と死神リューくんが登壇し、スペシャルイベントを実施された。

この日行われた映画『デスノート Light up the NEW world』スペシャルイベントに登壇したのは、2006年公開の『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』で、キラ対策本部のメンバーとしてキラ事件を追いかけ、夜神月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の壮絶な死闘を目の当たりにし本作にも出演している刑事・松田桃太を演じた青山草太。

10年ぶりに正当な続編として「デスノート」の新作が公開されるという話を聞いた時の気持ちを聞かれ、「責任感と共に、嬉しさを感じました。(本作の)撮影時にはキャスト同士で、良い意味で前作を裏切っていかなきゃいけないねと話しました。」と語り、自身が演じた松田桃太について「天然なところがありつつも責任感がある強い刑事」と語った。

ここで、前作『DEATH NOTE』と本作『デスノート Light up the NEW world』の劇中の写真が登場。今回の撮影時の様子を聞かれた青山は「前作の時は劇中で夜神月とLがチェスをしていましたが、本作では三島役の東出くんと竜崎役の池松くんが将棋をやっていて、10年前はチェスで、今回は将棋という10年の間の変化がおもしろかったです!」というエピソードを披露し、会場を沸かせた。また、先日完成したばかりの『デスノート Light up the NEW world』を鑑賞したという青山は「前作はデスノートが何なのか誰も知らなかったので、《人間vsデスノート》の戦いでしたが、今回の新作はデスノートという武器を持った《人間vs人間》の戦いが描かれているのが魅力です!」と本作の見どころを語った。

さらにこの日は、特別ゲストとして現実世界に新たに誕生した【死神リューくん】が登場。公開まで本作の宣伝を手伝うというリューくんの肩には「あなたの名前書きます」と書かれたタスキがかけられており、手にはデスノートらしきものが。MCに促され、恐る恐るリューくんに自身の名前を伝えた青山は、そのノートが本物のデスノートではないことがわかるとほっとし、命がけ(!?)の調査を終えた。

最後に、青山から「今回の新作『デスノート Light up the NEW world』は前作を継承しながらも、また新たな世界観が誕生し、皆さんにも楽しんでいただける作品です!」と本作をPRし、イベントは大盛況のうちに終了した。



『デスノート Light up the NEW world』
10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー!
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
公式サイト:www.deathnote2016.com

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

DEATH NOTE デスノート -5th Anniversary Blu-ray Box-【Blu-ray】 [ 藤原竜也 ]
価格:8748円(税込、送料無料) (2016/8/12時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください